平塚版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

特別インタビュー 「ラグビーW杯を楽しもう」 県組織委員長、康乗(やすのり)氏語る

スポーツ

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena
ラグビーの魅力を紹介する康乗委員長
ラグビーの魅力を紹介する康乗委員長

 いよいよ今年開幕する、「ラグビーワールドカップ(RWC)2019」。国内12会場で行われる今大会、横浜市内では横浜国際総合競技場が試合会場に選ばれ、日本代表戦や準決勝、決勝を含む7試合が開催される。そこで、神奈川県ラグビーフットボール協会・RWC2019委員会の康乗克之委員長に、ラグビーの魅力や観戦のポイントを聞いた。

リスペクトのスポーツ

 ――ラグビーの魅力を教えて下さい。

 「ラグビーは体と体をぶつけ合うスポーツ。衝撃音はスタンドまで聞こえます。全力でぶつかれるのは相手へのリスペクトがあるから。ラグビーでは試合終了のことを『ノーサイド』と言います。これは戦いが終わったら敵味方なく仲間という意味。激しさの中にも相手を敬う心があるんです」

 ――激しいプレーの根底には思いやりの精神があるんですね。

 「そうです。仲間への尊敬や信頼も大切です。後ろにしかパスが出せないラグビーにおいては味方の声が頼み。後ろにいる選手はボールを持った選手を独りにしないように大きな声を出し、その選手は仲間の声を信じて前に突き進むんです。試合中はこうした選手たちの声も聞こえてくるので、楽しんでほしいです」

15人のおきあがりこぼし

 ――日本代表の注目ポイントはどこですか。

 「大柄な外国人選手たちに負けないためにスピードと精密なプレーが特長です。その一つが『15人のおきあがりこぼし』です。タックルで倒された際に、日本代表選手は素早く起き上がり次のプレーに備えます。地面から跳ね返ってきたかのような姿はまさに『おきあがりこぼし』。切り替えのスピードに注目してもらいたいです。

 こうしたプレーを支えているのは膨大な練習で培った体力。以前の日本代表は試合終盤が弱点でした。しかし、現在はラスト1プレーまで足を止めることなく走り続けます。日本代表の愛称は『BraveBlossoms(勇敢な桜)』。果敢に立ち向かう日本チームの残り10分の戦いぶりは必見です」

初のアジア開催

 ――ラグビーW杯が日本で開催されることの意義を教えて下さい。

 「実はラグビーW杯は、五輪、サッカーW杯と並ぶ世界3大スポーツイベントの一つなんです。しかしいわゆる強豪国での開催が多く、アジアで行われるのは今回が初めてです。また横浜はラグビーと縁があり、日本で初めてラグビーの試合が行われたのは横浜と言われています。身近で歴史的な大会が行われるのでぜひ会場に足を運んでもらいたいですね」

 ――W杯に向けて意気込みをお願いします。

 「W杯を成功させるために生まれてきたというくらい力を入れています。一方、今大会をゴールでなく競技を国内に広めるスタートにしたいと思っています。細かいルールが分からなくても会場に来れば必ず楽しめます。国を背負いぶつかり合う30人の男たち、盛り上がるファン、ぜひ生でその熱気を体験してください」

平塚版のローカルニュース最新6

涌井兄弟、卓球の原点

徳延在住

涌井兄弟、卓球の原点 スポーツ

地元クラブから強豪校へ

4月22日号

田植え体験 参加募集

平塚市

田植え体験 参加募集 教育

自然豊かな里山で

4月22日号

新たな感染者は6人

新型コロナ

新たな感染者は6人 社会

平塚市内 13日〜19日

4月22日号

19人が理美容の道へ

19人が理美容の道へ 教育

SBCで入学式

4月22日号

よろず相談窓口を開設

平塚商議所

よろず相談窓口を開設 社会

コロナ禍の事業所を支援

4月22日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter