平塚版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

福田寺で坐禅に挑戦 金田小児童らが体験

教育

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
薄目を開ける「半眼」で坐禅に取り組む児童ら
薄目を開ける「半眼」で坐禅に取り組む児童ら

 市内入野の福田寺(井澤孝一住職)で25日、金田小学校の学童保育に通う児童ら28人が坐禅を体験した。同寺護持会(今井隆会長)が企画したもので、今回で2回目。

 福田寺は坐禅を教えの根幹とする曹洞宗の寺。曹洞宗では、壁側を向いて座る「面壁」という形で坐禅に取り組む。

 子供たちは坐禅に取り組む前に副住職から「修行をする僧堂では話してはいけない」「文殊菩薩にお尻を向けずに身体の向きを変える」など、坐禅の手ほどきを受けると、緊張した面持ちで何度も教わったことを確認していた。

 本堂で約20分の坐禅に取り組んだ児童は「一度も姿勢を直されなかった」「実際の時間よりも長く感じた。楽しかった」と声を弾ませ、振舞われた豚汁などを味わっていた。

平塚版のローカルニュース最新6

「きちきち」オープン

「きちきち」オープン 社会

商店街の活性に期待

4月2日号

デジタル案内”初運行”

神奈中バス平塚駅北口

デジタル案内”初運行” 経済

車椅子や多言語にも配慮

4月2日号

221万円を賠償請求

221万円を賠償請求 政治

平塚市、渡部市議を提訴

4月2日号

「人生100年時代」に対応

平塚市

「人生100年時代」に対応 社会

政策ビジョンを策定

4月2日号

「未来の命を守れ」

ベルマーレ

「未来の命を守れ」 社会

2選手が葉酸サプリ寄贈

4月2日号

住民同士で健康づくり

住民同士で健康づくり 社会

市がボランティア養成へ

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 2月27日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク