平塚版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

波力発電所設置で連携協定 平塚市と東京大学

社会

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
落合市長と生産技術研究所・岸利治所長(右)
落合市長と生産技術研究所・岸利治所長(右)

 平塚市は19日、東京大学生産技術研究所と連携協定を締結した。

 同研究所の林研究室(林昌奎(リムチャンキュ)教授)が2018年10月に環境省の委託事業「平成30年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証実験(二次公募)」に採択され、平塚新港で行う予定の波力発電所の実証実験の着実な実行と、周辺技術等の活用のために連携協定が結ばれた。

 2者は、虹ケ浜の沖合約1Kmにある平塚沖総合実験タワーの管理が2009年より東京大学に移管したことから本格的な交流が始まった。研究所は11年に「波力発電とエネルギー地産地消漁港モデル」を考案。16年には市内外の企業、団体も参画する「平塚海洋エネルギー研究会」を発足させ、岩手県久慈市に次いで国内2カ所目の波力発電所の設置に向け動いている。

 研究所は取得した波高などの海上のデータを市に提供し、そのデータは漁船の出船判断材料や、サーフィン等海のレジャーを楽しむ人への安全対策として利用するという。

 一方、研究所は、実験や波力発電所設置に向けたスムーズな動きに期待。さらに、海洋活用技術の研究開発や新産業の創出、人材育成の拠点構築なども視野に入れ、技術研究組合の設立や、産業と連携を強化して市民の科学技術や環境意識の向上をねらう。

 波力発電所の設置は2020年2月を予定し、波高1・5mで定格出力45kW、設備利用率35%を想定。反射波を活用した油圧駆動振り子式。地域資源を活用した海洋再生可能エネルギーの先駆けとして、全国、世界への拡大を目論む。

波力発電所の説明をする林昌奎教授
波力発電所の説明をする林昌奎教授

平塚版のローカルニュース最新6

「エア七夕」に参加しよう

「エア七夕」に参加しよう 文化

作文や俳句など募集

5月28日号

横断幕で児童にエール

横断幕で児童にエール 教育

城島小教諭らが企画

5月28日号

献血で医療支えよう

献血で医療支えよう 社会

平塚JCが支援事業

5月28日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月28日号

100年前も「人ごみ避けよ」

100年前も「人ごみ避けよ」 社会

寒川文書館所蔵のチラシ

5月28日号

コロナ感染市内32人に

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク