平塚版 掲載号:2019年4月11日号
  • LINE
  • hatena

競輪場にフードコード 味自慢の4店舗が移転

スポーツ

オープンしたフードコートエリア
オープンしたフードコートエリア

 平塚競輪場にフードコートエリア「サンディ,Sキッチン」が完成し、4日にオープンを迎えた。

 フードコートは場内大テント下で、テーブル24卓と椅子席96席を備え、屋外で営業していた七福2号店と浜っ子、フードたかはら、大黒相の4店舗が移転し、リニューアルオープンした。名称は同競輪場マスコットキャラクターのウィンディくんの母「サンディ」の名前が採用された。

 当日は、場外開催のレース観戦に訪れた競輪ファンが装い新しい馴染みの店の餃子や刺身、モツ煮込みなど、待ち焦がれた味を楽しんでいた。

 同競輪場では若い世代を呼び込もうと、快適な観戦環境の提供として1年前から整備に着手してきた。関係者は「ファミリーやカップルで足を運んでもらえるきっかけの一つになれば」と期待を寄せていた。

フードコートは同競輪場開催日のみオープンし、営業時間は開門時からとなる。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク