平塚版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

平塚商工会議所青年部(平塚YEG)の会長に就任した 二見 義和さん アサヒ地所社長 43歳

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

「本来の平塚らしさ必要」

 ○…「自社の個性、付加価値を創造し、アピールできない企業は淘汰される。青年経済人として研鑽し準備をしておく必要がある」と、4月総会の所信表明で訴えた。今年度のスローガン「可能性〜中小企業の社長たちよ目の前のチャンスに挑め!〜」には、YEGで学ぶ45歳までの間に事業成長の可能性を探り、将来の商売の礎を築こうとの思いを込めた。

 ○…経営する不動産会社「アサヒ地所」(老松町)は1972年、四之宮で農業を営んでいた祖父が国道整備の用地買収に伴い事業転換を決断して設立した。「起業からそのまま同じ仕事を続けていくのは難しい。多くの企業が事業転換のターニングポイントを経験している」と、可能性に挑戦しようとのスローガンと重ねながら語る。

 ○…都心から横浜、茅ケ崎へと不動産需要が高まる中、その波が相模川を越えてこないのがもどかしい。「駅前一等地に駐車場が多いのは、他の投資価値が低いという見られ方でもある」と指摘。地域力は地価にも反映する。「湘南のイメージよりも、本来の平塚らしさを見つけていく必要があるのでは」と語る。

 ○…この春、長男は大学、次男は高校にそれぞれ入学した。薬学部に進学した長男に「会社を継ぎなさいと言うつもりはなく、やりたいことをして欲しい。ただ、将来的に子供が何かをしたいと望む時、継げる何かは残しておきたい」と思う。

 ○…若い経営者や後継者らが自己研鑽をするYEG活動について「地元の情報を共有し、同じ立場で相談する仲間ができる」と魅力を語る。七夕まつりや小学生駅伝大会、一般公開セミナーなど地域事業も継続して取り組む。今年度は創設30周年にあたり「地域にも価値のある記念事業を考えたい」と話している。

平塚版の人物風土記最新6

大貝 敏次さん

関東商工会議所連合会から表彰を受けた日本珠算連盟茅ヶ崎支部の前会長

大貝 敏次さん

龍城ヶ丘在住 74歳

8月13日号

齋藤 弓子さん

平塚市を含む「湘南助産師会」の初代会長に就いた

齋藤 弓子さん

茅ヶ崎市在住 71歳

8月6日号

田中 邦男さん

7月1日付で平塚市漁業協同組合の代表理事組合長に就任した

田中 邦男さん

札場町在住 61歳

7月30日号

早稲田 暁生さん

平塚サーフユニオン代表を務める

早稲田 暁生さん

撫子原在住 37歳

7月23日号

藤井 大地さん

火球を撮影した平塚市博物館の学芸員

藤井 大地さん

西八幡在住 34歳

7月16日号

小野 みつ子さん

国際ソロプチミスト平塚の新会長に7月1日付で就任した

小野 みつ子さん

諏訪町在住 71歳

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク