平塚版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

平塚市 鉄道など交通網 充実化へ 市民の声から計画を策定

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena

 平塚市は1日、市民、交通事業者らと連携し「平塚市地域公共交通網形成計画」を策定した。2019〜27年度までの9年間の計画で、電車やバスなど公共交通の利便性向上を目指すマスタープランとして位置付けている。

 具体的な施策として、鉄道では「東海道貨物線の旅客線化」、東海道線の「快速アクティーの増発」をはじめ、「根岸線、相模線の平塚駅までの乗り入れ」「特急踊り子号の平塚駅への停車」などを盛り込んだ。

 またバスの利用では、「平塚駅から東海大学前駅に行くバス路線の新設」「平塚駅からツインシティ大神地区への新しい公共交通の導入」のほか、「ノンステップバスの導入」など、車両のバリアフリー化も目指すとした。市交通政策課は「実現に向け、交通事業者への要望を継続していく」としている。

過半数が「交通が不便」

 策定にあたり、市は昨年6月〜7月にかけ、公共交通の利用状況を把握するための市民アンケートを実施。863世帯から回答を得た結果、「やや不便と感じる」が29・9%、「とても不便と感じる」が21・2%となり、半数を上回る51・1%が「公共交通が不便」と感じていることが分かった。

 理由として最多だったのは、「運行本数が少ない」(19・3%)、次いで「駅やバス停まで遠い」(16・8%)、「運賃が高い」(14・2%)と続く。こうした声を元に、市が有識者らと協議を重ね、計画を策定した。

 市によると、市内にはバス停から離れた「交通空白地域」や、バスの運行本数が少ない「交通不便地域」が土沢地区、旭地区など各所にみられ、課題となっている。

 また真田、北金目では土地区画整理事業の完了にともない、近年、人口が大幅に増加しており、市は「移動手段の確保に努める」としている。

 計画の詳細は市HPなどで閲覧できる。

平塚版のローカルニュース最新6

コスモスとひまわりの共演

コスモスとひまわりの共演 教育

美里・柿の実こども園

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来季プログラムを発表

10月14日号

私たちの抱負

22年成人式実行委員を紹介!

私たちの抱負 社会

〜後編〜

10月14日号

美しさひも解く初個展

美しさひも解く初個展 文化

真田在住 米満さん

10月14日号

生徒が教会で「模擬葬儀」

生徒が教会で「模擬葬儀」 教育

葬祭専門学校の体験授業

10月14日号

「伝統」と「革新」、柔軟に対応

特別インタビュー

「伝統」と「革新」、柔軟に対応 経済

豊島屋 久保田陽彦社長に聞く

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook