平塚版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

市役所 窓口業務を外部委託  9月から証明書発行など

社会

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena
市役所の証明書発行窓口
市役所の証明書発行窓口

 平塚市は9月、市役所の市民課と保険年金課の一部窓口業務を外部委託する。落合克宏市長が7月24日、定例会見で発表した。

 外部委託するのは、マイナンバーカードの交付受付(市民課)と各種証明書発行(同)、後期高齢者医療(保険年金課)、国民健康保険の資格給付(同)の各窓口業務。

 また委託に伴い、電話による外国語通訳システムを導入し、利用者の多い証明書発行窓口と国民健康保険関連窓口に新たに案内係を配置する。

 契約は5年間で約12億3866万円で、人材派遣・アウトソーシング事業会社のパーソルテンプスタッフに業務委託した。

 市は、業務委託による効果額は5年間で約3億3千万円と試算している。

 内訳は、国交付金への対応に業務の重点を移すことで、交付金の増額が約3億円。市民課と保険年金課の人件費が約5億7800万円、収納率向上による収入増が約6億8800万円で、これら効果額の総額を委託費から差し引いた。

 人件費に関わる職員数は市民課と保険年金課で削減されるものの、市全体の総数は変わらない。

 落合市長は「市職員による専門業務や相談業務の充実、民間活力による接遇の教育を専門に受けた人材の配置、窓口の混雑状況に合わせ柔軟に対応者を増減することなどにより、市民サービスの向上を目指す」と述べた。

 個人情報の扱いに関しては、業者を選定する際にプライバシーマークや個人情報保護に関する公的認証の取得を要件にしたと説明。「条例に基づき市職員と同様に守秘義務が課せられ、違反した場合には罰則などの適用がある」としている。

<PR>

平塚版のトップニュース最新6

平塚産ビール誕生

平塚産ビール誕生 文化

ホップ栽培から醸造まで

9月17日号

遠坂カナレさん新作発売

平塚在住小説作家

遠坂カナレさん新作発売 文化

地元から物語のヒント

9月17日号

自作カードゲーム製品化

横内在住小宮さん

自作カードゲーム製品化 文化

家族の思い出「バナナの木」

9月10日号

給付金絡みの認知ゼロ

特殊詐欺被害件数

給付金絡みの認知ゼロ 社会

新たな手口に警戒を

9月10日号

市議が「やらせ」指摘

龍城ヶ丘プール跡地

市議が「やらせ」指摘 政治

意見募集結果巡り

9月3日号

成人式 2部制で開催へ

平塚市

成人式 2部制で開催へ 文化

コロナ対応 ネット配信も

9月3日号

1事業者5万円 申請受付中!

市内すべての業種が対象 新しい生活様式に取り組む中小企業応援金

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/sangyo/page-c_01119.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク