平塚版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

ヒノキ花粉「少ない」 環境保全センターの飛散予測

社会

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県自然環境保全センター(厚木市)は16日、春のヒノキ花粉の飛散量は例年に比べ少ないとの見通しを発表した。

 同センターは12月、県北、県央・湘南、県北西、県西部のヒノキ林40カ所で、花粉を飛散する雄花の着花量調査を実施。着花点数の平均値は33・2点で、調査開始から8年間で2番目に低い数値だった。過去平均値は45・2点、昨年の28・1点が最低だった。

 雄花の着花量は前年の夏が猛暑であると増える傾向にあるが、昨夏は日照時間の少ない冷夏だったため、着花量が減少したと見られる。

 ヒノキはスギ同様に花粉症の原因植物で、花粉は3月下旬〜4月中旬にかけて飛散、スギ花粉症患者の7〜8割がヒノキにも陽性反応を示すと言われる。ヒノキはスギよりも植栽された時期のピークが新しく、雄花をつける大きさに近年達してきたことから、花粉飛散量は増加傾向にある。

MADOショップ平塚真土店

台風シーズンに貼れば安心「飛散防止フィルム」

http://kobayashikenso.co.jp

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

手づくり作品を展示販売

手づくり作品を展示販売 文化

市民プラザで30日から

9月23日号

まちづくり事例募集

まちづくり事例募集 社会

10月8日締切り

9月23日号

65歳以上の9割完了へ

65歳以上の9割完了へ 政治

新型コロナワクチン接種

9月23日号

荒井商事に感謝状

市社協

荒井商事に感謝状 社会

除菌ジェル寄贈で

9月23日号

大地震 ため池にも注意を

大地震 ため池にも注意を 社会

ハザードマップを制作

9月23日号

クラファンで二十歳応援

クラファンで二十歳応援 社会

12月に同窓会企画

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook