平塚版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

市内在住木下さん 千畝の子孫と対面 「命のビザ」感謝つなぐ

社会

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
(左から)織葉さん、木下さん、まどかさん
(左から)織葉さん、木下さん、まどかさん

 元イスラエル大使館員で市内在住の木下道子さん(88)が8日、第二次大戦中、ナチスの迫害にあえぐユダヤ人に「命のビザ」を発給し6千人を救った在リトアニアの外交官・杉原千畝の子孫と対面した。木下さんは戦後、千畝が発行したビザによって救われたユダヤ人と千畝を引き合わせるなど交流があり、双方の希望で実現した。

 東京五輪で、平塚がリトアニアのホストタウンであることにちなみ、3月には市中央公民館で千畝の生涯を描くオペラ『人道の桜』の上演が決まっている。木下さんは「平塚で千畝さんの舞台があるとは。出演せずにはいられなかった」と本人役を演じる予定だ。

 木下さんは1931年東京生まれ。終戦後、20代でイスラエル大使館に勤務した。68年、同国から赴任し、千畝のビザによって命を救われたユダヤ人参事官と出会い「スギハラを探してほしい」と依頼された。千畝の暮らす藤沢の住所を特定し、二人を引き合わせることができた木下さんは、その後も大使館などでたびたび千畝と交流した。平塚には20年ほど前に移り住んだという。

 千畝の生前の姿を「体格もよく、堂々としていてハンサムな方」と表現する木下さん。千畝の孫・ひ孫にあたる杉原まどかさん(53)・織葉さん(24)は、オペラリハーサル中の中央公民館を訪れた。織葉さんは会うことが叶わなかった曽祖父を思い「生前のお話が聞けてうれしかった」と静かに語った。

 木下さんは「千畝さんが求めた『平和』を舞台から伝えたいですね」と囁くように話した。
 

平塚版のトップニュース最新6

本殿の改修が完了

田村八坂神社

本殿の改修が完了 文化

沖津宮司「うれしく誇らしい」

2月20日号

「大神ツインC(シティ)」 PRへ

落合市長施政方針

「大神ツインC(シティ)」 PRへ 政治

定住促進の取組を加速

2月20日号

過去2番目、875億円

一般会計予算案

過去2番目、875億円 社会

文化ホール整備など重点

2月13日号

最高の演技に笑顔

平塚学園高

最高の演技に笑顔 スポーツ

チアダンス部が全国大会へ

2月6日号

公園整備案きまる

龍城ケ丘

公園整備案きまる 経済

マルシェ棟や駐車場を配置

2月6日号

朝摘みを消費者へ

朝摘みを消費者へ 文化

平塚産イチゴ出荷ピーク

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク