平塚版 掲載号:2020年3月5日号 エリアトップへ

ガラス作家小野里さん 平塚の海 吹き込む 元麻布ギャラリーで8日まで展示

文化

掲載号:2020年3月5日号

  • LINE
  • hatena
小野里さんと作品「夜の海」
小野里さんと作品「夜の海」

 龍城ケ丘在住のガラス作家・小野里澄人さん(51)が参加する第2回「クラフトマン展」が3月8日(日)まで、元麻布ギャラリー平塚で開催されている。

 小野里さんは、吹きガラスなどの技法を用いたガラス工芸作家。38歳のときに立ち上げた厚木グラススタジオを拠点に活動している。

 「手に職が欲しい」と高校卒業後、ベネチアンガラスが流行していたこともありガラス作家を志した。カルチャースクールなどで学んだ後、洋食器メーカー「ノリタケ」の厚木工場に入社。小野里さんは「一番最初は触れないので、まだ熱いできたての食器を、徐冷炉に運ぶ作業をやりました。5、6年目でようやく吹かせてもらえるようになった」と振り返る。

 独立後は教室の講師などをやりながら創作を続けた。表現するのは生まれ育った平塚の海。「朝、昼、夜と移り変わる景色をガラスに吹き込みたい」と試行錯誤を重ねている。

 月明りを映す凪いだ海を表現した作品「夜の海」は、これまで敬遠してきた黒いガラスの他、青や紫、水色のガラス、銀箔などを層になるように重ねて巻き取り、息を吹き込んだ。見る角度によって色合いや質感の印象が変わり、奥行きと時間の流れを感じさせる作品に仕上がっている。

 小野里さんは「ガラスとの対話を続けて、自分が納得いくところまで表現を続けたい」と話していた。

平塚版のローカルニュース最新6

バイク運転に注意

バイク運転に注意 社会

競輪場で安全啓発

7月2日号

今夏は利用者限定で営業

大磯ロングビーチ

今夏は利用者限定で営業 社会

7月2日号

日本三大七夕まつりの仲間仙台・一宮からエールが届きました

次亜塩素酸水を配布

次亜塩素酸水を配布 経済

ガイソー平塚店

7月2日号

元五輪選手が監修

元五輪選手が監修 スポーツ

市、スルガ銀と自転車振興

7月2日号

七夕と歩んだ70年

戦後復興から現在へ

七夕と歩んだ70年 文化

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク