平塚版 掲載号:2020年3月5日号 エリアトップへ

ガラス作家小野里さん 平塚の海 吹き込む 元麻布ギャラリーで8日まで展示

文化

掲載号:2020年3月5日号

  • LINE
  • hatena
小野里さんと作品「夜の海」
小野里さんと作品「夜の海」

 龍城ケ丘在住のガラス作家・小野里澄人さん(51)が参加する第2回「クラフトマン展」が3月8日(日)まで、元麻布ギャラリー平塚で開催されている。

 小野里さんは、吹きガラスなどの技法を用いたガラス工芸作家。38歳のときに立ち上げた厚木グラススタジオを拠点に活動している。

 「手に職が欲しい」と高校卒業後、ベネチアンガラスが流行していたこともありガラス作家を志した。カルチャースクールなどで学んだ後、洋食器メーカー「ノリタケ」の厚木工場に入社。小野里さんは「一番最初は触れないので、まだ熱いできたての食器を、徐冷炉に運ぶ作業をやりました。5、6年目でようやく吹かせてもらえるようになった」と振り返る。

 独立後は教室の講師などをやりながら創作を続けた。表現するのは生まれ育った平塚の海。「朝、昼、夜と移り変わる景色をガラスに吹き込みたい」と試行錯誤を重ねている。

 月明りを映す凪いだ海を表現した作品「夜の海」は、これまで敬遠してきた黒いガラスの他、青や紫、水色のガラス、銀箔などを層になるように重ねて巻き取り、息を吹き込んだ。見る角度によって色合いや質感の印象が変わり、奥行きと時間の流れを感じさせる作品に仕上がっている。

 小野里さんは「ガラスとの対話を続けて、自分が納得いくところまで表現を続けたい」と話していた。

MADOショップ平塚真土店

省エネ・結露・防音・防犯にあったか「内窓」はいかが

http://kobayashikenso.co.jp

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

官民の声が繋いだ設立への道

市美術館30周年記念連載 歴史の証人【2】

官民の声が繋いだ設立への道 文化

11月25日号

災害対策のボラ講座

災害対策のボラ講座 社会

12月11日、18日(土)実施

11月25日号

こどもの未来のために

こどもの未来のために 教育

横浜幸銀がろう・盲学校に寄贈

11月25日号

「ZEH宿泊体験」いよいよ

「ZEH宿泊体験」いよいよ 社会

市内2社のモデルハウスで

11月25日号

市議会定例会12月17日まで

塗装で守る交通安全

塗装で守る交通安全 社会

相馬工業がボランティア

11月25日号

「やまと豚」の(株)フリーデン

7年連続三ツ星受賞。世界が認めたフリーデンの「やまと豚」を贈ろう

https://rarea.events/event/93239

1周年記念 特別大感謝セール

11月23日㈫~11月29日㈪まで全品10%オフ!

https://baniku.thebase.in/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook