平塚版 掲載号:2020年4月16日号 エリアトップへ

新港に「しおかぜ広場」完成 憩いの場や散策に期待

社会

掲載号:2020年4月16日号

  • LINE
  • hatena
4月1日から供用を開始した「しおかぜ広場」
4月1日から供用を開始した「しおかぜ広場」

 ひらつかタマ三郎漁港(平塚新港)の後背地に、海岸エリアの魅力アップに取り組むとして市が整備を進めていた多目的広場が完成し、「しおかぜ広場」の愛称で1日から供用を開始した。

 同広場の面積は約4600平方メートルでトイレや屋外シャワー、水場を備えている。周辺地域の散策を楽しんでもらおうと、飲食店や観光スポットを落とし込んだ案内マップも設置された。

 愛称については、地元の港小学校児童に応募を呼びかけ、応募総数99件を市漁協や観光協会、商議所の関係者などで構成する平塚市地域水産業再生委員会メンバーが審査。「名前から場所の情景が浮かぶ」などの理由で、同校6年生の相原蓮さん、青山美波さん、石出桃花さん、鳥海聡汰さんの4人がそれぞれ応募した「しおかぜ広場」が採用された。

 農水産課は、コロナウイルス感染症の収束を前提とした上で、「広場を借り切ってマルシェやスポーツのイベントなどを開催することも可能です。ご提案をお待ちしています」と話している。

平塚版のローカルニュース最新6

市内でも増加傾向

市内でも増加傾向 社会

コロナ陽性者

7月22日号

お菓子など広く寄付募る

フードバンクひらつか

お菓子など広く寄付募る 社会

子どもへの支援強化で

7月22日号

手話を基礎から解説

手話を基礎から解説 社会

受講生を募集中

7月22日号

走りながら音楽を補給

ミュージック エイド ラン

走りながら音楽を補給 スポーツ

横須賀でRUNイベント

7月22日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

タウンニュースホール

7月22日号

「稲村ジェーン」の資料展示

「稲村ジェーン」の資料展示 文化

茅ヶ崎館で常設

7月22日号

あっとほーむデスク

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter