平塚版 掲載号:2020年4月30日号 エリアトップへ

平塚市 コロナ緊急対策に12億円 ひとり親世帯へ給付金

社会

掲載号:2020年4月30日号

  • LINE
  • hatena

 落合克宏平塚市長は22日の記者会見で、総額12億円規模の新型コロナウイルス感染症緊急対策を打ち出した。売り上げが半減した市内小規模事業者には、最大30万円の家賃補助を用意。ひとり親世帯への3万円特別給付金、保育園や小学校の給食費の無償化など計42のメニューを盛り込んだ。

 新型コロナウイルスの緊急対策として、平塚市は総額12億円の施策を発表した。財政調整基金を活用し、専決処分として支出。5月の市議会臨時会に報告する。

 「多くの施策をあげ、きめ細やかな内容になっている」と落合市長が述べるように合計42の施策が盛り込まれた。市長が目玉としてあげたのは、事業者への家賃補助と子育て支援、医療体制の整備だ。

 売り上げが半減した小規模事業者には、30万円を上限とした2カ月分の家賃相当額を補助する。1500事業所分・4億5000万円の予算を確保した。記者会見の22日時点では詳細の条件は明らかにされなかったが、5月1日までの申込で5月14日には支給できる見通しという。

 子育て世代の支援策として、ひとり親世帯(児童扶養手当受給者)に3万円の特別給付金を支給する。神奈川県内では初の取り組みだ。1800世帯が対象で予算額は5450万円。5月下旬から振り込みを始める。また、5月連休明けから9月まで保育園と小学校の給食費を無償とする。予算額は保育園と小学校合計で2億6730万円。

 医療体制の整備では、平塚市民病院の感染症対策に1億円を投じる。ウイルスを殺菌する紫外線照射システムを初めて導入し、人工呼吸器など高度医療機器を充足させる。全国的に機材不足のため導入時期は未定。

 そのほか、コロナに関する電話相談にワンストップで対応するコールセンターを5月1日に稼働させるとしている。

平塚版のトップニュース最新6

生理用品を無償配布

農商高校

生理用品を無償配布 教育

県モデル事業で

6月17日号

市が3施策で接種加速

新型コロナワクチン

市が3施策で接種加速 社会

7月の高齢者完了に道筋

6月17日号

市内で進む「スマート農業」

市内で進む「スマート農業」 経済

県内初導入の技術続々

6月10日号

夢のホームコート完成

地元バスケチーム

夢のホームコート完成 スポーツ

市内岡崎に新拠点

6月10日号

集団接種を毎日実施へ

新型コロナワクチン

集団接種を毎日実施へ 社会

平日の市役所で調整

6月3日号

ラグビー部をクラブ化

平塚工科高

ラグビー部をクラブ化 スポーツ

全国初 外部生も加入可に

6月3日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新 文化

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter