平塚版 掲載号:2020年5月8日号 エリアトップへ

市内の保育園などにマスクを寄贈した「相馬工業」代表取締役を務める 相馬 純さん 纒出身 39歳

掲載号:2020年5月8日号

  • LINE
  • hatena

憧れの職「塗装業」に奮闘

 ○…新型コロナウイルス感染拡大を受け、マスクを求めて早朝から店舗に並ぶ人の姿を間近に見て「自分にできることはないか」と考えた。「幼少期にお世話になった保育園に恩返しがしたい。利用するお母さんや子どもたちに安心を届けたい」との思いから、アパレル業に携わる友人と協力して、マスクの製造に着手。市内の保育園などに寄贈した。

 ○…父親が立ち上げた塗装会社「相馬工業」の代表取締役を務める。幼少期の頃から現場で両親の仕事を手伝っていたといい、「当時はそれが当たり前。親の背中を見て育った。憧れの仕事だった」と懐かしむ。同社ロゴマークにも描かれる頭に巻いた「白い手拭い」と「口ひげ」がトレードマークで、現場作業から接客業までこなす。

 ○…塗装業界の「きつい、汚い、危険」のイメージを「共存・共栄、希望のある、かっこいい」の3Kに変えたいと、本業と同様にボランティア活動にも精力的に取り組む。「かっこいいと憧れて塗装業を志す若者を増やしたい」と長期的な展望を描く。2017年には塗装業者でつくるボランティア団体「塗魂(とうこん)ペインターズ」のメンバーとして、リトアニアに建つ「杉原千畝記念館」の修繕作業に参加。同国と平塚市の友好に一役買った。

 ○…国内外問わず、幅広くボランティアに取り組む一方、家庭内でのボランティアは消極的だ。そんな中「最近、週3回程度のゴミ出しができるようになった」と苦笑い。家では奥さんと一緒にいる時間を大切にするほどの愛妻家だ。「奥さんからもかっこいいと言われる夫でいたい」。仕事やボランティアに、困っている人のために汗を流しながら奔走する姿は、誰が見ても「かっこいい」。

平塚版の人物風土記最新6

相澤 孝文さん

エア七夕平塚の「七夕ぬりえコンテスト」で原画を手掛けた

相澤 孝文さん

花水ラオシャン本店 大将 54歳

7月2日号

井上 純一さん

5月26日付で(公財)平塚市まちづくり財団の理事長に就任した

井上 純一さん

豊原町在住 64歳

6月25日号

加藤 智輝さん

セパタクロー強化指定選手として活躍する

加藤 智輝さん

湘南ベルマーレ(平塚)勤務 23歳

6月18日号

元島 新さん

「平塚YouTuberしん」として平塚市についての動画を発信する

元島 新さん

平塚市在住 23歳

6月11日号

添田 直さん

6月1日付で県宅地建物取引業協会湘南中支部の支部長に就任した

添田 直さん

(株)添田土地 代表取締役 52歳

6月4日号

内田 敏夫さん

「相州凧の会」会員で、40年以上創作凧を作っている

内田 敏夫さん

天沼在住 83歳

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク