平塚版 掲載号:2020年7月2日号 エリアトップへ

戦後復興から現在へ 七夕と歩んだ70年

文化

掲載号:2020年7月2日号

  • LINE
  • hatena
湘南スターモール商店街の店の前で話す升水さん
湘南スターモール商店街の店の前で話す升水さん

 平塚の七夕のはじまりは、平塚空襲(1945年7月16日―17日)で焼け野原となった市街地を盛り上げようと商店主らが企画した「復興まつり」だった。1951年に開催してから一度も途切れることなく続いてきた七夕まつりが、今年初の中止となる中、湘南ひらつか七夕まつりメーン会場の湘南スターモール商店街に店を構え、戦後復興のさなかの平塚を生きてきた(有)鍋屋商店の升水一義さん(79)に、まつりへの思いを聞いた。

江戸時代から続く升水家

 升水家は江戸時代から続く名主で、一義さんは13代目になる。家業の生活雑貨店「なべや」は1873年創業。もともとは竹製品などを扱う荒物・雑貨店として始まった。

 いち早く戦後復興を果たしたことで、平塚駅前の商店街にとって、昭和30年代は伊豆半島〜三浦半島までが商圏だった。「買い物と言えば平塚の商店街、という風になったんです」とにぎわいを思い出す。

復興のはじまり

 終戦時、升水さんは5歳だった。軍需工場で働いていた父は戦後まもなく身体を壊して亡くなり、家業は母が切り盛りすることになった。

 1950年の「復興まつり」、翌年の「七夕まつり」初開催当時は、男手がないことなどから、積極的にまつりに関わることはできなかったが、手作りの小さな飾りを店先に飾っていたという。

 現在のような雨風をしのげる立派なアーケードはなく、飾りも和紙素材がほとんどで、まつり期間中、雨が降ると大人たちは急いで飾りを軒下にさげていた。「勉強しているとまつりのにぎやかな音が聞こえてきて、うるさいなと思ったこともあるけれど、子ども心に綺麗だなぁと眺めていた」と当時を振り返る。

世相示すテーマを

 升水さんが店を継いだ頃から、大型の飾りを制作するようになった。

 竹かごを土台に和紙で作った花を飾り付け、くす玉や吹き流しを組み合わせる。制作は従業員総出で取り組み、その年の明るいニュースを題材にするのが恒例。手作りらしい温かみある作風で、皇室ご成婚や五輪など、世代を問わず伝わる話題をピックアップする。「テーマを決めるのが一番大変」と頭を悩ませるだけあり、時事ネタの鮮度は抜群。2001年には『ドジャース野茂大リーグ球宴出場へ』と銘打った飾りの写真が、選手の活躍を期待する記事とともにスポーツ新聞の1面を飾った。

空埋め尽くすまつりの主役

 仕掛け飾りの全盛期だったと思い返すのは、昭和50年代のまつりの光景だ。

 トキワヤや片野屋、滝口カバンなど、初開催当初から七夕を盛り上げてきた商店が中心となり、競い合うように掲出した。「アーケードの始まりの地点には梅屋さんのアーチがあって、今年はどんなのだろうと毎回楽しみだった」と升水さん。最盛期には空も見えないほどで、真っすぐ歩くのも大変だった。

 まつりの中止をさみしく思いつつも、「やっぱり平塚といえば七夕だよね、と気持ちをひとつにするきっかけとして大切だと思う」と前を向く。「ピンチをチャンスに、次のテーマを考えなくちゃね」と、来年の七夕開催を今から心待ちにしている。

◆特集面のデジタルブックはコチラ!

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

海のごみ問題を知る

海のごみ問題を知る 社会

市民団体らが検証

10月21日号

新米を100人に

新米を100人に 文化

24日「朝市」

10月21日号

海街フェス開催

海街フェス開催 文化

自然素材の工作も

10月21日号

福祉ボラスクール

福祉ボラスクール 社会

参加者募集中

10月21日号

不登校の不安を共有

不登校の不安を共有 教育

保護者向け談話開催

10月21日号

着物リメイク「ちくちく展」

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook