平塚版 掲載号:2020年7月9日号 エリアトップへ

熊野神社 3つの輪でご利益3倍? 特別仕立ての茅の輪設置

文化

掲載号:2020年7月9日号

  • LINE
  • hatena
茅の輪を張り替える神社の総代(6月27日撮影)
茅の輪を張り替える神社の総代(6月27日撮影)

 平塚市長持の熊野神社の参道に、縦に3つ並んだ茅の輪が設置されている。全国的には1つの輪を8の字にくぐることで知られているが、新型コロナウイルス感染者に対応する医療従事者への感謝の思いや同ウイルスの早期収束を願い、今年限りの特別仕様にと同神社の総代が仕上げた。

 神社では毎年1年の半分に当たる6月30日頃に、半年分の汚れを落とす神事「夏越(なごし)の大(おお)祓(はらえ)」に合わせて境内に茅の輪を設けていた。だが、今年2月に開かれた役員定例会で4月の祭りの中止が決まり、その代替として例年より早い5月下旬に設置することになった。

 3つの輪には「昭和・平成・令和」といった各時代や、「医療従事者・スーパーの従業員・ごみ収集の職員」への感謝の思いが込められている。輪の数は役員で意見を出し合うなどして決めた。

 6月27日には総代11人が集まり、傷んだ茅の輪の張替え作業をした。近所の茅を用い直径約2メートルの輪に仕上げると、いびつな箇所をはさみで切って整えるなどして元の位置に戻した。

 茅の輪は7月下旬まで設置される。総代代表の城田勝さん(75)は「地元の人だけでなく、ぜひ遠くからも訪れてもらえたら」と話していた。

平塚版のローカルニュース最新6

コスモスとひまわりの共演

コスモスとひまわりの共演 教育

美里・柿の実こども園

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来季プログラムを発表

10月14日号

私たちの抱負

22年成人式実行委員を紹介!

私たちの抱負 社会

〜後編〜

10月14日号

美しさひも解く初個展

美しさひも解く初個展 文化

真田在住 米満さん

10月14日号

生徒が教会で「模擬葬儀」

生徒が教会で「模擬葬儀」 教育

葬祭専門学校の体験授業

10月14日号

「伝統」と「革新」、柔軟に対応

特別インタビュー

「伝統」と「革新」、柔軟に対応 経済

豊島屋 久保田陽彦社長に聞く

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook