平塚版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

新型コロナワクチン 急ピッチで接種準備 平塚市 補正予算計上へ

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena

あす15日に臨時議会

 新型コロナウイルスのワクチンについて政府が2月下旬の接種開始へ準備を進めていることを受け、平塚市は体制を確保するための関連経費を盛り込んだ補正予算を組む。コールセンターの設置や市民への受診クーポンの発送業務の委託費用など。1月15日の市議会臨時会に提出され議決される見通しだ。

 補正額は7045万6000円で、予防接種システムの改修費用やコールセンター設置、ワクチン接種クーポン封入作業などの委託費用。平塚市は全国的に業者への依頼が集中することを見込み、早めの予算措置に踏み切った。

 今回の補正予算は準備経費の一部で、接種本体の予算案は2月16日開会の市議会定例会に提出される予定だ。

高齢者ら開始3月下旬頃か

 8日に開かれた臨時議会運営委員会の事前質疑で、市は市民の接種時期について3月下旬開始を見込んでいるとした。医療従事者を最優先として2月下旬に接種開始し、その後3月下旬以降に65歳以上の高齢者と基礎疾患を有する市民を優先して接種する方針だ。

 ワクチン接種を受けるためのクーポン券について、65歳以上は3月上旬・中旬ごろに発送、一般市民には4月中の発送を想定しているとした。

集団接種も検討

 市は接種場所について、市内でインフルエンザ予防接種を実施している医療機関、約120カ所に依頼したいとの考えを明らかにした。ワクチンの取り扱いには超低温の冷蔵庫が必要な種類もあるといい、市は「そのような備えができる医療機関にお願いすることになると思う」と話した。超低温の冷蔵庫は国が用意するという。

 短期間で大人数に対応するのは困難と想定し「保健センターなどで集団接種ができないか検討する」と説明した。

 また、平塚市は13日付の組織改正で健康課に「新型コロナワクチン接種担当」を新設することも発表した。
 

平塚版のトップニュース最新6

歓迎の花火1800発

東海大学入学式

歓迎の花火1800発 教育

コロナ影響の2年生と合同

4月8日号

(株)川国が準グランプリ

にっぽんの宝物

(株)川国が準グランプリ 経済

「漬けしらす」を全国区に

4月8日号

七夕まつり通常開催中止

七夕まつり通常開催中止 文化

規模縮小し代替案検討へ

4月1日号

関係者ら初の模擬訓練

新型コロナワクチン

関係者ら初の模擬訓練 社会

接種開始は5月上旬以降

4月1日号

市内2団体が表彰

子ども・子育て支援大賞

市内2団体が表彰 社会

県内のモデルケースに

3月25日号

がん啓発 2人の遺志継ぐ

がん啓発 2人の遺志継ぐ 社会

ベルマーレと郵便局が協定

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新 社会

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク