平塚版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

レモンガススタジアム 「新愛称」の準備着々 看板など80カ所に掲出

社会

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena
観客席横に横断幕を貼り付ける作業員ら(1月29日)
観客席横に横断幕を貼り付ける作業員ら(1月29日)

 平塚競技場の愛称が2月1日から「レモンガススタジアム平塚」となった。施設内外に、愛称とキャラクターを表示したパネルや看板を掲出。湘南ベルマーレの開幕戦(2月27日)での披露に向け、準備を進めている。

 看板やパネルはスタジアム周辺の各ゲート入口と通用口、オーロラビジョン下部など約80カ所に設置。スタジアム全体を7ブロックに分けて、1月22日から本格的に作業が進められている。スタジアムを管理する市総合公園課によると、「雨天で取り付けが遅れた中央ゲートの作業以外は、おおむね順調」という。

 1月29日時点でバックスタンド中央にあるスコアボード塔の補修と清掃が行われており、終了次第、スタジアム名を明記した横断幕を掲出。2月4日から5日にすべての作業が終了するという。

 同施設の愛称は、市がネーミングライツ・パートナー(愛称命名権者)を募集し、昨年11月、高根に本社を構えるレモンガス株式会社(赤津欣弥代表取締役)が命名権を取得した。これを機に9年間親しまれた「Shonan BMWスタジアム平塚」から、「レモンガススタジアム平塚」に変更となった。契約期間は21年2月から5年間。年額は2021万円で、総額1億円超の大型契約となった。

 同社関係者は、「前ネーミングライツパートナー(モトーレン東洋)以上の想いをもって『レモンガススタジアム平塚』を盛り上げたい」とコメントを寄せた。また同社は湘南ベルマーレのオフィシャルクラブパートナーでもあり、クラブをサポートするような商品プランや愛称が定着するようなイベントを企画するとしている。
 

平塚版のトップニュース最新6

「サガン鳥栖」を迎え撃て

ベルマーレ

「サガン鳥栖」を迎え撃て スポーツ

2月27日ホーム開幕戦

2月25日号

「あおぞら号」廃止の方針

平塚市図書館

「あおぞら号」廃止の方針 教育

地域の読書環境整備も

2月25日号

地元Vで初戴冠に弾み

平塚出身尾崎選手

地元Vで初戴冠に弾み スポーツ

女子競輪ビッグレースへ

2月18日号

過去最大の一般会計に

平塚市21年度当初予算案

過去最大の一般会計に 社会

初の900億円超え

2月18日号

熱い思いで貸出代行

平塚商議所飲食業部会

熱い思いで貸出代行 社会

コロナ対策のアクリル板

2月11日号

スターライトP(ポイント)再び

平塚市

スターライトP(ポイント)再び 経済

4月以降に販売の公算

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク