平塚版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

バトン競技 5選手が全国で躍動 市内岡崎「湘南Fatina」

スポーツ

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
(前列左から)今本怜伽さん、山本ひなたさん、(後列左から)鈴木心和さん、山本羽さん、鈴木結和さん
(前列左から)今本怜伽さん、山本ひなたさん、(後列左から)鈴木心和さん、山本羽さん、鈴木結和さん

 全日本バトントワーリングジュニア選手権大会(主催/日本バトン協会)が3月26日〜28日、丸善インテックアリーナ大阪(大阪府大阪市)で行われ、平塚市岡崎に拠点を置く「SUNマーチングスクール湘南Fatina」(泉理沙代表)の5選手が出場し、4選手が入賞を果たした。

コロナで変則実施

 2月に行われた関東大会でFatina所属の鈴木心和さん(伊勢原中1年)・今本怜伽さん(秦野市鶴巻中1年)ペアが「ペアジュニア1」部門で4位入賞。山本ひなたさん(東京成徳大学高1年)・鈴木結和さん(中大付横浜高1年)ペアが「ペアジュニア2」部門で3位入賞。山本羽さん(中原中3年)はバトン2本で演技する「トゥーバトンジュニア1」部門で6位入賞を果たした。

 その後の全国大会だが、昨年は新型コロナウイルスの影響により中止に。これにより、今年は「第1回大会」と「第2回大会」が合わせて行われた。いずれも予選などは行わず、一発勝負の演技で優勝を争う変則大会となった。

喜びの声

 第1・2回大会への出場枠は、地方大会の結果などが考慮され、各地区に枠数が割り振られた。

 その結果、心和さん・今本さんペアは第1・2回大会に出場し、それぞれ3位に。ひなたさん・結和さんペアは第1回大会で8位入賞、羽さんは第1回大会に出場し、健闘をみせた。

 大会を終えて5人は「初めての全国に緊張しましたが、楽しめました」(心和さん)、「受験との両立やコロナの影響もあり思い通りに練習ができなかったですが、周囲のサポートで頑張れました」(結和さん)、「納得の演技ができて良かったです」(羽さん)、「全国で大きな刺激を受けました。これからも色々なことに挑戦したいです」(ひなたさん)、「来年も出場できるよう頑張ります」(今本さん)と喜びのコメントを寄せた。

 ひなたさんと羽さんの母・由梨さん(37)は、全国大会を会場で観戦し胸を打たれた。

 由梨さんによると、新型コロナの影響で全国大会の開催可否が直前まで不透明な中、5人はモチベーションを保つのに必死だったという。それでも開催を信じて練習を続け、全国の舞台で躍動した。由梨さんは「結果も素晴らしいですが、皆で出場し、笑顔で終われたことがうれしかったですね。お疲れ様でした」と振り返った。
 

平塚市選挙管理委員会

衆議院議員総選挙の投票日は10月31日です。期日前投票もご活用ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/senkyo/index.html

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6

海のごみ問題を知る

海のごみ問題を知る 社会

市民団体らが検証

10月21日号

新米を100人に

新米を100人に 文化

24日「朝市」

10月21日号

海街フェス開催

海街フェス開催 文化

自然素材の工作も

10月21日号

福祉ボラスクール

福祉ボラスクール 社会

参加者募集中

10月21日号

不登校の不安を共有

不登校の不安を共有 教育

保護者向け談話開催

10月21日号

着物リメイク「ちくちく展」

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook