平塚版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

ベルマガ通信 首位川崎を追い詰める

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena
王者川崎フロンターレを追い詰めるゴールを決めた、山田直輝選手
王者川崎フロンターレを追い詰めるゴールを決めた、山田直輝選手

 横浜FC、福岡に連敗して迎えた首位川崎フロンターレとの一戦が5月26日に行われました。湘南ベルマーレは、畑大雅選手が今季初先発。スピードを生かした上下動で川崎を揺さぶります。56分、池田昌生選手のシュートのこぼれ球を高橋諒選手が詰め、相手GKが弾いたところを山田直輝選手がヘディングシュート。湘南が先制します。

水谷社長の強気の発言

 9日の大分戦の試合帰り、湘南ベルマーレの水谷社長から聞いていた「今年の川崎から勝つのは、ウチのようなチームですよ」という強気な発言に期待が高まります。湘南がリードしたことで川崎は圧を強め、65分に川崎のレアンドロ・ダミアン選手のシュートが決まりますが、VAR判定でゴールは取り消しに。しかし82分に元湘南の山根視来選手のパスを、ダミアン選手が自らボールを浮かせたオーバーヘッドシュートが決まり、同点で終了。ただ、無敗が続く川崎をここまで追い詰めたのは、湘南ベルマーレが唯一のチームとも言えるかと思います。

 30日には、アウェイ徳島ヴォルティス戦が行われました。先発は中盤の3枚が変わり、高卒ルーキー平岡大陽選手がJ1デビューしました。

 試合は前半13分、徳島のカカ選手にフリーで決められるも、23分に谷晃生選手のフィードをウェリントン選手が擦らして、町野修斗選手がゴール。後半はスコアが動かず、同点で試合終了。いい試合が続くも、勝利が遠いベルマーレ。新戦力の台頭も見えて来ているので、今後に期待です。

(『ベルマガ』編集長、有坂玲)
 

<PR>

平塚版のコラム最新6

決定機ゼロの堅守みせる

ベルマガ通信

決定機ゼロの堅守みせる

J1第19節 VS ガンバ大阪

6月10日号

首位川崎を追い詰める

ベルマガ通信

首位川崎を追い詰める

6月3日号

セットプレー2失点敗戦

ベルマガ通信

セットプレー2失点敗戦

苦手福岡相手に連敗

5月27日号

8戦無敗も止まる

ベルマガ通信

8戦無敗も止まる

J1第14節VS横浜FC

5月20日号

11戦無敗が大きな価値に

ベルマガ通信

11戦無敗が大きな価値に

タリクの復帰が最大の収穫だった

5月13日号

シュート10本実らず

ベルマガ通信

シュート10本実らず

J1第10節 VSヴィッセル神戸

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新 文化

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter