平塚版 掲載号:2021年8月12日号 エリアトップへ

平塚市 自治会加入率低下に一手 アンケートで課題抽出

社会

掲載号:2021年8月12日号

  • LINE
  • hatena

 全国的に「自治会・町内会」加入率の低下が課題となっている。平塚市でも、2012年度に76%だった加入率が21年度には69・2%となり、自治会に加入する世帯が減少しつつある。

 市内には27の地区連合会、226の単位自治会・町内会がある。

 自治会・町内会は地域の安全を守ることや、環境美化・福祉・教育に関わることなど、多岐にわたって活動している。ごみ収集場所の清掃や防犯灯の維持管理など、日々の暮らしに直接関係することも多い。

 市協働推進課では「自治会は、地域の人々が互いに助け合って生活していくためのもの。自治会活動を通して人とのつながりを作ることが、安心で安全な暮らしに結びつく」と話す。

 同課では加入率低下の要因として、市全体の世帯数増加を挙げる。世帯数は、16年の10万7689世帯から徐々に増加し、21年度には11万4174世帯となり分母が増えた。

コロナで希薄つながり再構築

 昨年度は、コロナの感染が広がる中、自治会活動も大きな影響を受けた。市では、活動再開やつながりの再構築を後押しできるよう、申請した自治会に10万円を交付する「地域活動再開円滑化交付金制度」を導入。28自治会が利用した。

防災にも力を発揮

 平塚市自治会連絡協議会の秋山博会長は、「市内の地域住民をまとめるのが自治会の仕事」と話す。また近年多発している台風や暴雨などの自然災害に対し、「各自主防災会による地域環境に即した事前の備えが大切。助けが必要な避難行動要支援者への積極的な寄り添いと、自治会組織の中で生活になじめない住民の方へのお誘いなど、地域づくりの輪を広げてほしい」と語る。

解決の糸口探る

 市では、加入率低下に歯止めをかけるため、今年度から自治会・町内会の現状を把握し、課題抽出を図るアンケート調査を実施している。

 同課担当者は「高齢化や人口減少、ライフスタイルの変化、さらにはコロナ禍の中、地域活動は様々な問題を抱えるようになり、このアンケート調査で、地域活動の現状と課題を明らかにし、解決の糸口を見つけたい」と話している。

 また、市では10年度に自治会の活動をホームページで紹介する取り組み「ちいき情報局」を始めた。今年4月からは、スマホ専用サイトで閲覧可能となり、より便利になっている。

ちいき情報局の二次元コード
ちいき情報局の二次元コード

平塚版のトップニュース最新6

残留争い、虎口を脱す

湘南ベルマーレ

残留争い、虎口を脱す スポーツ

クラブ初の5季連続J1

12月9日号

リベンジ消費狙い新企画

駅前商店街

リベンジ消費狙い新企画 経済

プレミアム商品券も発行

12月9日号

軽石の漂着に備え

軽石の漂着に備え 社会

市職員が海岸を巡回

12月2日号

平塚駅がテロ対策訓練

平塚駅がテロ対策訓練 社会

警察と連携、実地指導も

12月2日号

2作品が全国へ

圏央道の宝物グランプリ

2作品が全国へ 経済

SDGsジビエパイがV

11月25日号

カピバラ来春公開へ

平塚市

カピバラ来春公開へ 社会

ふれあい動物園を整備

11月25日号

創業1951年、老舗のお餅

お雑煮や鍋の具に、さっと焼いて好みの味で。オンライン販売あり。

https://www.navida.ne.jp/snavi/100577_1.html

横浜幸銀信用組合平塚支店

平塚支店12月6日、平塚駅北口ロータリーに移転オープン

https://www.yokohamakougin.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook