平塚版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

演奏会や「しろくま楽団」を主宰し、音楽の普及活動を続ける 木崎 二朗さん 菫平在住 70歳

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena

生演奏の感動を届けたい

 ○…毎月一回のジャズワークショップや演奏会を主催し、「しろくま楽団」のピアニストとして全国を飛び回る。生の音楽の魅力を伝えるため、イベント企画委員長をも務め、機会を見つけホールのみならず病院、学校、介護施設などにも足を運び演奏する。

 ○…平塚市菫平で生まれ育つ。浜岳中、平塚江南高出身と生粋の平塚人。音楽に触れたのは幼稚園生のころ、習い事で始めたオルガンだった。「暖房がなかったから、冬は洗面器に湯を張り手を温めて練習した」と、幼いころの記憶をありありと話す。中学時代は技術研究部でラジオや発信機づくりに没頭。このころ一度音楽から離れたが、高校3年生で音楽大学に進むことを決め、作曲を学び始める。

 ○…国立音楽大学の作曲学科に進学。大学時代はアルバイトで、東京のキャバレーでピアノ演奏をしていた。「お客さんを楽しませたいから、どんな音楽ジャンルもその場で弾けるよう鍛えられた。ほぼ休みなしで働いていました」とにこり。どんな音楽も演奏をこなすスタイルから「人間ジュークボックス」と呼ばれることも。25歳のころ、作曲家ヴァン・マッコイの来日公演のメンバーとして全国を回った。「一生に一度きりの忘れられない思い出。2週間の音楽ツアーの中で、旅の経験が人を豊かにしてくれると感じた」と感慨深く頷く。大学卒業後は中学の音楽教師として57歳まで勤務した。

 ○…「音楽は生の演奏を聴き、体で感じることがとても大切」という思いは、すべての活動に通じる信念だ。「長く続けることが重要。人を支え、助けられてつながりを保つためにも、やる以上はこれからも継続していきたいね」。生音楽の力を響かせる旅路はこれからも続く。

平塚版の人物風土記最新6

飯塚 博史さん

9月16日付で平塚警察署の第69代署長に就任した

飯塚 博史さん

市内在住 56歳

10月14日号

木崎 二朗さん

演奏会や「しろくま楽団」を主宰し、音楽の普及活動を続ける

木崎 二朗さん

菫平在住 70歳

10月7日号

渕田 貴寛さん

城所を拠点に活動する「草木循環Labo」の代表を務める

渕田 貴寛さん

町田市在住 38歳

9月30日号

猪俣 芳昭さん

「湘南ヤーコン応援団」の4代目団長を務める

猪俣 芳昭さん

南金目在住 58歳

9月23日号

五十嵐 健太さん

8月に開催された第70回全国高等学校柔道大会男子60kg級で準優勝した

五十嵐 健太さん スポーツ

南原在住 18歳

9月16日号

山崎 光稀さん

26日に中央公民館で無観客上演を行い、オンライン配信される高浜高校演劇部の部長

山崎 光稀さん

万田在住 16歳

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 日本を前に進める

    特別対談

    日本を前に進める

    河野太郎 前ワクチン接種担当・規制改革相×牧島かれん デジタル相

    10月14日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook