平塚版 掲載号:2021年12月16日号 エリアトップへ

陶芸公募展「菊池ビエンナーレ」で作品が入選した 馬場 芳道さん 寺田縄在住 76歳

掲載号:2021年12月16日号

  • LINE
  • hatena

土と炎に魅せられて

 ○…現代陶芸の公募展「菊池ビエンナーレ」で『炭化化粧紋大鉢』が入選作品に選ばれた。これまで他の公募展へ継続して出品してきたが、同展への出品は今回が初。抜擢に驚きもあったという。「比較的新しく現代的な、日本の中でもハードルの高いコンクール。自分らしくシンプルな作品で結果をいただけてうれしい」と笑う。

 ○…岩手県出身。幼いころから絵や工作が好きだったという。兄が寺田縄で始めた鉄工所の手伝いを頼まれ、平塚に移り住んだ。そして30歳のとき、市青少年会館で陶芸クラブがあることを知り、そこで作陶を体験したことからこの世界に入り込む。「それまでは仕事をしながら、趣味で木工をやっていた。陶芸は自分の手で自由に形を作れることが面白く、夢中になっていきました」とにこり。その2年後、神奈川県の陶芸展で初入選を果たす。「ここで自信がついて、手づくりの窯を作りました」。その後も平塚市展で大賞、国内最大の陶芸公募展「全陶展」で大賞の受賞歴を持つ。

 ○…寺田縄で陶芸工房「芳乃和(よしのわ)」を構え、生徒たちとともに日々作陶に励む。「工房で習い始めた人の中では、もっと早く始めればよかったという声をよく聞く。それだけ、やればやるほどのめりこめる、奥深い世界なんです」。さっぱりとした口調ながら、陶芸への熱意を語る。

 ○…約20年ほど、陶芸一筋で歩み続ける。「最近はきっと生活が忙しい人が多く、時間をかけて陶芸をやる人や焼きものへの興味も薄いように感じる。作陶は自分と向き合える大切な時間。作り続ける楽しさはもちろん、暮らしの中で、思い入れのあるものを大切に使う価値を伝えていきたい」と、まっすぐな眼差しを見せた。

ひらつか☆スターライトポイント

平塚市民限定20%プレミアム付き!締切間近!24日まで申し込み

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/sangyo/page33_00078.html

<PR>

平塚版の人物風土記最新6

箭原(やはら) 繁雄さん

平塚写真連盟の会長を務める

箭原(やはら) 繁雄さん

撫子原在住 85歳

5月19日号

石川 正行さん

4月から22年度平塚逸品研究会の会長に就任した

石川 正行さん

四之宮在住 49歳

5月12日号

小澤 清一さん

4月から平塚市私立幼稚園協会会長に就任した

小澤 清一さん

豊田本郷在住 70歳

5月5日号

水島 聡子さん

平塚商工会議所青年部の新会長に就任した

水島 聡子さん

土屋在住 44歳

4月28日号

花村 聡一郎さん

3月に浜岳郷土史会の会長に就任した

花村 聡一郎さん

桃浜町在住 76歳

4月21日号

田中 一雄さん

4月1日付で平塚市消防本部の第22代消防長に就任した

田中 一雄さん

入野在住 56歳

4月14日号

ひらしん平塚文化芸術ホール

和洋折衷を融合させた竜馬四重奏が平塚初上陸!6月8日18時30分開演

https://hiratsuka.hall-info.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook