平塚版 掲載号:2022年4月14日号 エリアトップへ

ベルマガ通信 好転しつつある内容で脱降格圏を J1第7節 名古屋VS湘南・第8節 湘南VS磐田

掲載号:2022年4月14日号

  • LINE
  • hatena
クラブ初のアンバサダーに就任した石原直樹氏の引退セレモニーが磐田戦後に行われ、選手時代に挙げたゴールシーンがオーロラビジョンに映し出された(写真/鈴木優一朗)
クラブ初のアンバサダーに就任した石原直樹氏の引退セレモニーが磐田戦後に行われ、選手時代に挙げたゴールシーンがオーロラビジョンに映し出された(写真/鈴木優一朗)

 この試合内容が開幕戦であれば……。

 10日のホーム磐田戦を終えた直後の、率直な感想である。というのも、前節6日のアウェイ名古屋戦。先制点を挙げるも守り切れず、終盤には退場者を出してPKを献上。勝ち試合の展開を自ら崩し、1-2の逆転負けを喫した。

 FW大橋のリーグ初得点も生まれ、課題である得点力不足は改善の兆しを見せている。大きな課題は守り切れない守備と勝利につなげるマネジメント。それが短期間で改善されない限り、掲げる「勝ち点55・5位以内」には現実的に届かない。

 そして迎えた磐田戦である。前半からボールホルダーに激しくプレッシャーをかけ相手陣地で試合を進める湘南。チームの特徴であるボール奪取に人数をかける守備が戻ってきた。素早く仕掛ける攻撃と、ボールを繋げる攻撃を使い分けながら試合を進める局面も。

 コロナ禍とはいえ、サポーターが作り出した後押しする雰囲気も感じた好ゲーム。スコアレスドローではあったものの、掴んだ勝ち点1は「リスタート」を感じさせる。

 しかし、ここまで8試合で勝ち点3、ゴール数は僅か4。リーグ戦の約1/4を終えて最下位だ。ベルマガ4号で取材を行ったスポーツダイレクター坂本紘司氏は「今いる戦力で攻撃回数を極限まで増やし、得点する確率を極限まで高める」と語る。決定機を何度も作り、がむしゃらに勝利を掴むしか浮上の道はない。(ベルマガ本誌ライターすぎさきともかず)

平塚版のコラム最新6

町野!町野!の2得点

ベルマガ通信

町野!町野!の2得点

神戸戦ホーム初白星をスタジアム全員で

5月26日号

声援のない湘南スタイル

ベルマガ通信

声援のない湘南スタイル

J1第13節 VS 横浜F・マリノス戦

5月19日号

一条の希望が見えた湘南

ベルマガ通信

一条の希望が見えた湘南

アウェー福岡戦で魂のドロー

5月12日号

劇的ゴールで待望の初勝利

ベルマガ通信

劇的ゴールで待望の初勝利

J1第9節 vs ガンバ大阪

4月21日号

好転しつつある内容で脱降格圏を

ベルマガ通信

好転しつつある内容で脱降格圏を

J1第7節 名古屋VS湘南・第8節 湘南VS磐田

4月14日号

正解を探す道半ばの湘南

ベルマガ通信

正解を探す道半ばの湘南

広島に初白星を献上

4月7日号

ひらつか☆スターライトポイント

平塚市民限定20%プレミアム付き!締切間近!24日まで申し込み

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/sangyo/page33_00078.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook