神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
平塚版 公開:2022年8月11日 エリアトップへ

空襲の夜 何が起きたか 『炎の証言』で検証

社会

公開:2022年8月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
証言集を持つ朝日さん(右)と藤野さん
証言集を持つ朝日さん(右)と藤野さん

 「平塚の空襲と戦災を記録する会」(江藤巖会長)が7月、『炎の証言 第22号』を刊行した。同会メンバーが聞き取りした6人の証言や4人の寄稿文のほか、証言と写真、現在の地図などから第二海軍火薬廠の正確な位置を記した特集が盛り込まれている。

 編集長を務めた朝日久男さん(72)は「コロナ禍も影響して実際に会うことが難しかったが、形にすることができてよかった」と胸をなでおろす。

 海軍火薬廠の位置のほか、空襲の夜に誰がどこでどんな被害に遭っていたかを、まち歩きの写真付きで検証するページの編集を担当した藤野敬子さん(73)は「正確な位置がわかることで自分事として理解してもらえるのでは」と期待する。

 戦争を体験した世代が少なくなる中、藤野さんは「残した証言が正確であれば、戦争を知らない世代が学ぶための素材として使ってもらえる。日常の延長に戦争があり、死があったことを知って欲しい」と話していた。

 『炎の証言 第22号』はA4判68ページ200円。平塚市博物館で購入できる。(問)同館【電話】0463・33・5111

平塚版のローカルニュース最新6

市民団体の歌声響く

市民団体の歌声響く

3月17日 中央公民館

3月2日

車でデイキャンプ

車でデイキャンプ

びわ青少年の家で参加募集

3月1日

夢絵コンテストで優秀賞

夢絵コンテストで優秀賞

港小4年 芳賀安里さん

2月29日

市選管に新人着任?

市選管に新人着任?

啓発キャラ、事務局に「着席」

2月29日

神奈川の魅力 自転車で

神奈川の魅力 自転車で

メディア向けツアーに19人

2月29日

織り姫などが火災予防PR

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook