「サイクルチャレンジ小田原」を主催する日本競輪選手会神奈川支部小田原地区で地区長を務める 川崎 智広さん 市内蓮正寺在住 40歳

掲載号:2016年2月27日号

  • LINE
  • hatena

四十路も全力疾走

 ○…練習メニューの立案から遠征の手配、栄養管理に至るまで、すべて自己責任。不正防止のため、レース期間中は外部との連絡も遮断されるなど孤独な戦いが強いられる競輪選手にとって、心の支えは練習拠点をともにする同郷の選手の存在だ。「一緒に走れば練習に活気がでるし、切磋琢磨しあうことで力もつく」。だが、小田原競輪場の所属選手は9人で、川崎や平塚の10分の1ほど。「ギャンブルの印象が強いが、五輪も目指せるプロアスリート。そんな一面を知ってほしい」と、未来の仲間を発掘するイベントを初開催する。

 ○…「自分の足でお金を稼ぐことが魅力」。相洋高校卒業後に志したのは、当時プロとして活動していた兄と同じ競輪の道。2浪の末、競争率約15倍の狭き門を突破して修善寺の日本競輪学校へ入学した。待っていたのは自転車漬けの毎日。「全寮制で、外出が許されるのは日曜の午前9時から午後5時だけ。その時間も洗濯に追われた」。だが、同じ夢を追う仲間との生活に辛さはなかった。小柄な体格を補うべく筋力トレーニングに励み、ついに果たしたプロデビュー。「1位で大歓声を受けるのは快感。負ければ容赦ない野次が飛んでくるけれど、それも自分を信じて賭けてくれるからこそ」

 ○…「体を休めるのも仕事。買い物に行く時も、自転車ではなく車」とはにかむ。一男一女の父で、「趣味は子どもと遊ぶこと」と子煩悩な一面をのぞかせるが、業界の暗黙のルールから家族は競輪場に入れず、我が子に走る姿を見せられないのが寂しいところ。

 ○…最高時速70Kmに達する競輪は、生命の危機と隣り合わせ。3年前、レース中に転倒した際は腰の骨折と肩脱臼の重傷を負った。約4カ月間の離脱も、「骨折はつきもの。意識があれば大丈夫」と明るい。年間約60人が解雇される厳しい世界だが、「自分が納得してやめられるまで」と、ペダルを踏み続ける。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

秋山 富男さん

金時山に登り続け、11月に6000回目の登頂を記録した

秋山 富男さん

小田原市新屋在住 81歳

12月4日号

黒栁 貴雅さん

プレイパークをつくる会@seishoの代表を務める

黒栁 貴雅さん

小田原市曽比在住 30歳

11月27日号

黒田 寛亮(ひろあき)さん

シマノ契約のプロアングラーとして活動する

黒田 寛亮(ひろあき)さん

小田原市栄町在住 29歳

11月20日号

池田 忠山さん(本名:池田忠正)

小田原俳句協会の会長を務める

池田 忠山さん(本名:池田忠正)

小田原市本町在住 78歳

11月13日号

木下 直人さん

2年ぶりの小田原公演を行う和太鼓集団「鬼太鼓座」メンバーとして活動する

木下 直人さん

小田原市栢山在住 33歳

11月6日号

山口 智さん

湘南ベルマーレの新監督に9月1日付で就任した

山口 智さん

茅ヶ崎市在住 43歳

10月30日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook