「教え」ではなく「導き」 鬼澤さん(神奈中)が県優秀コーチ賞

教育

掲載号:2018年12月22日号

  • LINE
  • hatena
選手たちに祝福される鬼澤コーチ(中央)
選手たちに祝福される鬼澤コーチ(中央)

 市内栄町の「神奈中スイミングスクール小田原校」に勤務する鬼澤智拡さん(38)=写真中央=が、2018年度神奈川県優秀コーチ賞を受賞した。県水泳連盟から、全国2位以上の選手を育成したコーチに贈られる賞。

 「いつか自分も獲りたいと思って、選手たちには冗談交じりにいつも言っていました」と話す鬼澤さん。リクエストに応えるように、石塚夕貴さん(酒匂小5年)が春のJOC50m背泳ぎで2位に入り、コーチを壇上へと押しあげた。指導者として15年。常に「自分で考えられるよう、サポートしすぎない」をモットーに、自主性を育むコーチングを実践してきた。

   *  *  *

 その教えは、よき指導者と巡り合った自身の選手経験に由来する。幼い頃から気管支が弱く、体力づくりのため水泳を始めた。当初は「嫌々やらされていた」。だが通っていたアクラブ藤沢の小沢浩一さんが「この子は伸びる」と熱のこもった指導をしてくれたという。楽しさを覚えると徐々に頭角を現し、名門・湘南工科大高に進学。全国の頂点まで昇り詰めた。五輪も視野に入れていたが、大学時代ついに身体が悲鳴を上げ、志半ばで競技生活に終止符を打ち、指導者の道を歩み始めた。「自分のできなかった事を子どもに重ねているのかもしれない」というが、決して過去の栄光を語ることはない。説くのは、選手としての自覚と責任。「同じ思いをしてほしくない」と、自己管理の大切さを伝えている。

   *  *  *

 「お前もおめでとう!」石塚さんが準優勝を飾ったレース直後、小沢さんから真っ先に連絡が入った。愛弟子の石塚さんも「やるしかないと思って泳いだ」と満面の笑顔だ。賞状を手に「子どもたちが自分を信じてまっすぐ頑張ってくれたおかげ。指導者として背筋が伸びる思い」と話す鬼澤さん。現在スクールから選抜された38人の選手を一手に引き受け、一丸となり全国の舞台を目指している。「終わりがないから楽しい。単に教えるではなく、向上心を常にもって導いてあげたい」。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook