新町長として箱根町の舵取り役を担う 勝俣 浩行さん 箱根町在住 66歳

掲載号:2020年10月31日号

  • LINE
  • hatena

箱根の未来へ実直に挑む

 ○…素朴な笑顔が周囲を和ませる。スラリとした長身に、柔らかい物腰が印象的だが、曲がったことが嫌いな強い信念の持ち主でもある。副町長として約6年、噴火警戒レベル上昇や台風被害、新型コロナなど、相次ぐ困難に見舞われながら、行政のナンバー2として課題に向き合ってきた。「安心して暮らせる町が至上命題。町民生活と事業者の経営を守りたい」と、決意を固める。

 ○…箱根の山を駆け回り、のびのびと育った。西湘高校、専修大学で学び、箱根町に入庁。20代は主に地域の出張所で住民窓口を担当した。「何でもできるようになるために、幅広い知識を持たなければ」と無我夢中に励んだ日々。地域の人たちと交流するために、休日は積極的に地元の行事に参加し、青年会の仕事にも取り組んだ。住民目線を培った駆け出しの頃を「原点」と振り返る。

 ○…夫婦二人三脚で3人の子どもを育てた。マメに家事もこなし、得意のカレーやシチューは夫人からも好評だ。年に3回は遠方で暮らす家族も集まり賑やかに過ごすが、「コロナ禍で会えず寂しい」と、送られてくる4人の孫たちの写真を楽しみにしている。伝統の「宮城野囃子」を30年にわたり小学生に教えるなど、地域活動を通して子育て支援の充実を訴える。「人口減少が大きな課題。現役世代が町内に住み、安心して子育てができる町を目指したい」と力強く話した。

 ○…箱根の隅々まで歩きつくし、穴場スポットも知り尽くす。明神ヶ岳と金時山の間から眺める富士山は「ものすごく雄大」と誇らしげ。「観光地として地域の付加価値を高めるために、官民全体で箱根のブランド力を上げていきたい」。不撓不屈の精神で、先頭に立ってまちづくりに実直に挑む。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

伊藤 和生さん

1月1日付で箱根町副町長に就任した

伊藤 和生さん

箱根町在住 49歳

1月23日号

加藤 哲三さん

真鶴町教育長を務める

加藤 哲三さん

小田原市千代在住 67歳

1月16日号

三宅 貴之さん

(公社)小田原青年会議所(JCI小田原)の第64代理事長に就任した

三宅 貴之さん

小田原市本町在住 36歳

1月9日号

野崎 剛志さん

小田原警察署の署長に就任した

野崎 剛志さん

小田原市城山在住 57歳

12月26日号

舟山 奏さん

神奈川フィルフューチャー・コンサート小田原公演にゲスト共演する

舟山 奏さん

小田原市在住 33歳

12月19日号

稲葉 芳和さん

「木のクラフトコンペ」で大賞を受賞した

稲葉 芳和さん

(有)すぎ勤務 39歳

12月12日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク