(PR)

計画から35年、地域待望の竣工式 小田原の活性化拠点に 鬼柳・桑原地区工業団地

掲載号:2020年10月31日号

  • LINE
  • hatena
竣工式で挨拶する大野氏。土地所有者や近隣住民、工事関係者への感謝、地域発展への思いを述べた
竣工式で挨拶する大野氏。土地所有者や近隣住民、工事関係者への感謝、地域発展への思いを述べた

 「鬼柳・桑原地区工業団地」で進められていた開発整備事業が完了し10月27日、関係者を招いて竣工式が行われた。開発した分譲事業用地は、5区画すべてがすでに契約済みで、小田原市北中部の活性化の起爆剤として期待が寄せられている。

 「多くの方のご協力により、この日を迎えることができた」。同事業の事業主(株)ビッグ・ジャパン(小田原市中曽根)の大野眞一代表取締役は、竣工式で感慨深げに感謝を述べた。

 事業地の活用に向けて都市開発計画が決定したのは35年以上前。しかし土地所有者との最終合意に至らず、計画は約20年間の中断を余儀なくされていた。

 同社が事業主として、改めて開発に着手したのが2014年。土地所有者を直接訪ね、事業計画や開発への思いを伝え、すべての土地所有者と土地売買契約を締結。昨年9月から造成工事を進めてきた。

 竣工式は爽やかな秋風の中で開かれた。新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として参加者や内容を限定し、地権者の代表者、守屋輝彦小田原市長、奥山孝二郎小田原市議会議長、設計者(株)秋山設計(小田原市)、工事施工者(株)オキ・コーポレーション(川崎市)など関係者と来賓が出席した。

 挨拶で守屋市長は、県議時代に大野氏と県副知事室に出向いて図面を広げて事業進捗への協力を直談判したエピソードを披露。また「この地域が動いていく期待感と高揚感でいっぱいです。また、この工業団地の道路の西側にはまだ10ヘクタールがある。さらに次へとプロジェクトがつながっていく」と期待を述べた。

雇用創出にも

 鬼柳・桑原地区工業団地は卸商業団地に隣接。全体面積9・4ヘクタール、分譲面積7・5ヘクタール。建設の対象施設は、【1】工場(非公害型)、【2】研究所、【3】倉庫となっている。東名高速と小田原厚木道路の間にあり交通アクセスの利便性が高く、開発段階から市外、県外の多くの企業も高い関心を寄せていた。

 建設予定施設は、医療機器工場、物流拠点および倉庫、食品製造加工工場、本社事務所など。また、敷地内には直売所や商業系の機能を持たせ、観光や賑わいのスポットとして活用することも検討されている。

 大野氏は、「企業誘致による市の税収増、数百人規模の雇用創出、それに伴う市外からの転入者などの効果が見込まれる。引き続き地域の活性化に尽力していきたい」と述べた。

造成工事が完了した工業団地
造成工事が完了した工業団地

株式会社ビッグ・ジャパン

神奈川県小田原市中曽根305-2 ビッグフィールド205号

TEL:0465-46-8871

http://www.big-japan.co.jp/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のピックアップ(PR)最新6

花 火

金城院長の「先生おしえて」㉚

花 火

4月10日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

「HACCP」対応 全面サポート

「HACCP」対応 全面サポート

(株)門倉組が専門ブランド設立

4月10日号

認知症治療の新病棟「あやめ」が完成

国府津病院

認知症治療の新病棟「あやめ」が完成

訪問看護ステーション「りんどう」も開設

4月3日号

長く愛せる着心地の良い服を

website&Instagramオープン

長く愛せる着心地の良い服を

おしゃれ横丁 TALE OF ANNE(テールオブアン)

3月27日号

神奈川の芸能や遊びなど

「こども歳時記」

神奈川の芸能や遊びなど

伝統文化を動画で

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク