神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

11月1日付で小田原市仏教会の会長に就任した 松田 宏道さん 小田原市板橋在住 67歳

公開:2020年11月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

「無倦(むけん)」の精神で地域と絆を

 ○…小田原市仏教会の新会長として、市内の加盟98カ寺をけん引する。「副会長を4年務め、いよいよ初めての会長職。まだまだコロナが終息しないこうした時代に、どのように多くの加盟寺院をまとめるか緊張感はあるが、身の引き締まる思い」と力強く語る。本来なら6月に新会長が選出される予定だったが、今年はコロナ禍の影響で、11月1日からの船出となった。

 ○…市内板橋にある香林寺(1484年開創)の住職となっておよそ5年。「地域の皆さまの心の拠り所となる寺でありたい」との願いを込め、多くの住民の悩み相談などにも応えている。座右の銘としている言葉は「無倦」。「論語に出てくる教えで、『怠けるな』という意味。青春時代に、僧侶だった祖父から教わった。今でも大切にしていて、仕事でも学問でも自分を律してくれる言葉です」と話す。

 ○…市内で生まれ、父親が住職を務めていた中町の吉祥院で育った。仏教だけにとどまらず、教育分野にも関心が高く、都内の大学、大学院で地理学を学び、修了後は約10年間、市内の高校で社会科講師として若者の育成にも携わった。「生徒とは年も近く、話していて楽しかった。今でも当時の教え子が声を掛けてくれる。嬉しいですね」と笑みをこぼす。家庭では娘1人、息子2人を育て上げ、10月には初孫が誕生したばかり。「会うたびに大きくなり、本当に可愛い」。柔和な横顔に、優しい祖父の一面が垣間見える。

 ○…同会が毎年4月に市内で開催してきた「花まつり」が、今年はコロナ禍で中止を余儀なくされた。「最近は人と人とのコミュニケーションが希薄化しているのが課題。今後は地域との交流に、更に力を入れていきたい」と熱意を語った。

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

伊藤 隆夫さん

一般社団法人日本ラウンドダンス協会会長を務める

伊藤 隆夫さん

小田原市本町在住 69歳

7月13日

勝俣 隆さん

長崎大学名誉教授で、『七夕伝説の謎を解く』を上梓した

勝俣 隆さん

小田原市北ノ窪在住 72歳

7月6日

鈴木 圭一さん

アナログゲーム「ちょっとずつ違う」シリーズの制作を手掛ける

鈴木 圭一さん

小田原市入生田在住 47歳

6月29日

岸 幸雄さん

下中たまねぎの農業体験を提供する「オーナー園部会」の部長を務める

岸 幸雄さん

小田原市小竹在住 51歳

6月22日

辻村 百樹(ももき)さん

辻村農園・山林の8代目当主で、株式会社T-FORESTRYの代表取締役を務める

辻村 百樹(ももき)さん

東京都在住 67歳

6月15日

関野 次男さん

小田原市自治会総連合の会長に就任した

関野 次男さん

小田原市南鴨宮在住 78歳

6月8日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

  • 6月15日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月6日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook