「話し合いの場」を訴え 土地家屋調査士政治連盟が要望書

政治

掲載号:2020年12月19日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県土地家屋調査士会(大竹正晃会長)と同県西支部(力石高志支部長)、神奈川県土地家屋調査士政治連盟(上田尚彦会長)が12月3日、守屋輝彦小田原市長のもとを訪れ、意見交換を行った=写真。

 土地基本法の改正や増加傾向にある空き家、所有者不明土地など社会的な問題対応について現状と今後の展望を話し合った。守屋市長は、移住者が増えている状況に触れながら「今後も連携していければ」と話した。政治連盟からは「多岐にわたる事案に関し行政と意見交換できる勉強会の開催」、災害協定充実などの要望書を提出した。

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

初戦制しシーズンに弾み

ベルマーレフットサル

初戦制しシーズンに弾み スポーツ

12日はホーム開幕マッチ

6月12日号

医療機関が市民に連絡

ワクチンキャンセル分

医療機関が市民に連絡 社会

6月12日号

小田原市に100万円を寄付

ソロプチミスト小田原

小田原市に100万円を寄付 社会

奉仕の精神50年

6月12日号

小田原を知る まち歩き

6月27日 SDGs体感事業

小田原を知る まち歩き 社会

アプリ「まちのコイン」利用

6月12日号

小田原城アートナウ開催中

城下町の芸術展

小田原城アートナウ開催中 文化

6月12日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter