真鶴町 スキルシェアを推進 「仕事場」確保で人口減抑制

経済

掲載号:2021年8月7日号

  • LINE
  • hatena
セミナー等の会場のひとつ
セミナー等の会場のひとつ

 県内唯一の過疎地域指定を受けている真鶴町が人口減少の要因のひとつとなっている「仕事場の確保」に向け、2018年度からシェアリングエコノミー(スキルシェアリング)推進に取り組んでいる。今年度は取り組みを推進する委託事業者として7月、(一社)地域間交流支援機構を選定した。

 シェアリングエコノミーとはモノや場所、スキルなどを提供・共有するなどのサービスで、スキルシェアリングは、休日や空き時間を使い自分の技術を生かして提供することで収入を得ることを指す。委託事業は町民を対象に【1】個人事業の開業やテレワーク業務の共同受注に必要な技術等を習得する人材育成プログラム【2】普及啓発事業及び連携企業等の発掘など、9月から〜2月末までにセミナーなどを行なう計画だ。

 同法人は、2019年に町が推進する「サテライトオフィス誘致事業」でオフィスを開設し、現在は町内岩地域を拠点にする。首都圏から地方への移住がスムーズに行われるよう、地域作法などが学べる研修の実施、漁師体験や果樹園の整備体験など交流のワークショップを業務とする。町の担当者は「事業を通じ個人のスキルが上がることで新たな仕事を生み出すことにつながる」と期待する。予算額は262万2千円。契約は2022年3月14日(月)まで。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

50年ぶりの七五三詣り

第44区自治会

50年ぶりの七五三詣り 文化

子どもの成長、地域で祝う

11月13日号

若手狩猟者と現場つなぐ

小田原市と小田急電鉄

若手狩猟者と現場つなぐ 社会

農作物被害解消に一手

11月13日号

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook