新しい小田原へ 意見広告 持続可能なまちづくりへ 小田原市議会議員 大川ゆたか

掲載号:2022年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 市議会3月議会を経て、4月から「第6次小田原市総合計画」がスタートします。直面する新型コロナ対策への取り組みはいうまでもなく、5年、10年、50年先を見据えた「持続可能なまちづくり」へのビジョンと実行力が求められます。市議会としても市の政策のチェックや提言、また議会改革等を引き続き進めてまいります。

「小田原市新病院」建設計画を注視

 市立病院に代わる「小田原市新病院」の建て替え事業が進んでいます。施設の老朽化や市民の高齢化が進み、さらには新型感染症の対応強化など一刻も早い開業が待たれます。市は、新病院建設に関して、設計・施工を一括発注する公募型プロポーザルを行いました。これにより設計費・本体工事費を約35億円縮減(206億円→171億円)し、開院時期も当初スケジュールから約10カ月短縮され「2026年春予定」となっています。一方で課題もあります。新病院の建設工事は23年度に開始予定ですが、近隣の商業施設イオンタウンの建設(予定)や都市計画道路城山多古線の整備とも重なり、工事関係車両の増加は避けられません。病院周辺は現状でも交通渋滞が頻発しており、工事期間中も市民生活への支障を最小限にすることが求められます。市には対策として工事車両の導線確保および事業者への徹底を求めてまいります。

「美食のまち」今後に注視

 市は、目指す将来像のひとつに「美食のまち小田原」を挙げています。新総合計画に盛り込まれ、新年度に事業関連予算が計上されました。事業目的には「食材や食文化など、豊かな地域資源を最大限活用し、(中略)観光誘客を図る」とあります。城下町、宿場町として育まれた歴史文化、森里川海に育まれた農水産物などを生かすべく、明確なコンセプト、ブランディング、プロモーションを展開してほしいと思います。期待とともにしっかりと注視してまいります。

小田原市議会議員 大川ゆたか

小田原市扇町2-13-2

TEL:0465-31-0501

https://ookawayutaka.jp/

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の意見広告・議会報告最新6

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月18日号

浅尾慶一郎氏と、小田原を語る

浅尾慶一郎氏と、小田原を語る

県議会議員 自民党 おざわ良央

6月18日号

浅尾慶一郎氏と、国と県西の地域振興を語る

浅尾慶一郎氏と、国と県西の地域振興を語る

 県議会議員 自民党 高橋のぶゆき

6月11日号

近況報告「育てる日々」

意見広告

近況報告「育てる日々」

前小田原市長 加藤 憲一

5月28日号

子育てしやすい小田原のまちづくりを!【5】

意見広告

子育てしやすい小田原のまちづくりを!【5】

小田原市議会議員 角田真美(つのだまみ)

4月30日号

費用対効果を徹底し未来への投資を

市政報告

費用対効果を徹底し未来への投資を

小田原市議会議員 小谷(こだに)英次郎

4月23日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook