足柄版 掲載号:2015年4月25日号 エリアトップへ

篠窪にメガソーラー完成 一般家庭3640世帯分を発電へ

社会

掲載号:2015年4月25日号

  • LINE
  • hatena
県内最大級50148枚の太陽光パネルが並ぶ
県内最大級50148枚の太陽光パネルが並ぶ

 大井町篠窪でメガソーラー発電所の建設を進めていた日本アジアグループ(株)(東京都千代田区・山下哲生代表取締役会長兼社長)が4月21日、竣工式を開き、黒川雅夫副知事や間宮恒行大井町長ら約40人が出席し完成を祝った。

 「足柄大井ソーラーウェイ」は、昭和50年代まで(株)小松製作所が掘削機械の操車試験場として使用していた土地を2013年に日本アジアグループが取得。約47ヘクタールのうち約14ヘクタールを使い、太陽光発電所を建設していた。

 発電規模は約13メガワットで、一般家庭の年間電力消費量約3640世帯分に相当。発電した電気はすべて東京電力に売電される。

 大井町では昨年3月に(株)古川がメガソーラー発電所「きらめきの丘おおい」を設置。「足柄大井ソーラーウェイ」の完成により、一般家庭の太陽光パネルも合わせ、町内の約8割の世帯数に相当する量を太陽光で発電する計算になる。

 山下会長は「施設を作って終わりではなく、再生可能エネルギーを中心として約6万人が暮らすこの地域のまちづくりを担っていきたい」と述べ、間宮町長は「長年、遊休地になっていた土地を素晴らしい形で活用していただいた。ソーラーウェイの完成で大井町もスマートシティへ向けてまた一歩前進できた」と話す。

足柄版のトップニュース最新6

地酒PRもオンライン

地酒PRもオンライン 社会

コロナ禍における初企画

1月16日号

企業マッチングで新商品

さがみ信金

企業マッチングで新商品 社会

開発から販路開拓を支援

1月16日号

花魁の登場に沸く

あしがら博覧会

花魁の登場に沸く 文化

イベント一環で練り歩き

1月9日号

「実富士(みのるふじ)」として角界へ

森田世宝さん(立花学園高3年)

「実富士(みのるふじ)」として角界へ 社会

1月場所でデビュー

1月9日号

道祖神太鼓の音色 再び

道祖神太鼓の音色 再び 文化

復活へ有志が楽譜づくり

1月1日号

1市4町・首長からの新春メッセージ

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク