足柄版 掲載号:2016年5月28日号 エリアトップへ

酒匂川アユ釣り 今年も“好釣果(こうちょうか!?)” 6月1日の解禁前に試し釣り

文化

掲載号:2016年5月28日号

  • LINE
  • hatena
試し釣りを見学する太公望たち =小田急線高架下
試し釣りを見学する太公望たち =小田急線高架下

 6月1日のアユ釣り解禁を前に、酒匂川漁業協同組合(篠本幸彦組合長)が24日、試し釣りを実施した。この日の釣果は上々で篠本組合長は「昨年に続き遡上が多く豊漁が期待できる」と講評した。

 この日の試し釣りは漁協関係者23人が、山北・松田・小田原のポイントで友釣り、どぶ釣り、ころがし釣りで行った。

 大口グラウンド前では友釣りで20センチの大物があがり、岩流瀬橋から大口橋では3時間で27匹の釣果があった。4月から5月にかけて実施した遡上調査でも昨年とほぼ同じ約28万尾の遡上を確認したことから、漁協では「今年も良い釣果が期待できそう」としている。

 漁協では4月から5月21日までに2・3トン(約16万尾)を放流し、7月までさらに2・2トンを放流する。今年は10月14日までのシーズンで昨年より8千人多い3万人の釣り客を見込んでいる。酒匂川でのアユ釣りには遊漁料が必要。 問い合わせは漁協【電話】0465・37・4277へ。

 静岡県東部から神奈川県北西部の山北、松田、大井、小田原を流れる酒匂川は古くからアユが遡上する河川として知られている。

 明治の作家で美食家としても知られた村井弦斎(1863〜1927)が小田原在住時に報知新聞に連載して人気を博した『食道楽』では「玉川より相模川、相模川より酒匂川の鮎が一層優る。酒匂川本流よりも河内川の支流でとれた鮎が美味い」と紹介された。

 脂肪分が少なく酢の物にすると良いといい、旧東海道線の山北駅で販売された「鮎寿司」が人気を集め、飛ぶように売れたという。

 小田原に住んだ北原白秋も民謡集『日本の笛』に綴った詩歌「山北」で「早も山北、ちらちら燈、汽車は夜の汽車、鮎の鮨」と編み、今年3月の山北町議会ではこうした「地域の文化的な歴史を活性化に活用してはどうか」(渡辺良孝氏)との提案もあった。

今年は天然の遡上も多く確認されている =小田原市桑原の漁協で
今年は天然の遡上も多く確認されている =小田原市桑原の漁協で

足柄版のトップニュース最新6

クリエイトSDと協定

山北町

クリエイトSDと協定 経済

災害時に生活物資を調達

1月25日号

足柄上一周駅伝あす号砲

足柄上一周駅伝あす号砲 スポーツ

合同庁舎を9時発走

1月25日号

開成町社協にキャラ誕生

開成町社協にキャラ誕生 社会

その名は「みずたまちゃん」

1月18日号

2度目の成人祝う

2度目の成人祝う 社会

南足柄で四十祭

1月18日号

参加者評価が全国7位に

参加者評価が全国7位に スポーツ

天狗のこみちマラソン

1月11日号

新成人は1062人

本紙発行1市4町

新成人は1062人 社会

今週土日各市町で式典

1月11日号

連絡協議会 活性化の1年

連絡協議会 活性化の1年 経済

シルバー人材センター

1月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月25日号

お問い合わせ

外部リンク