足柄版 掲載号:2017年12月23日号 エリアトップへ

南足柄市ウガンダ 消防車でつながる 更新車両を寄贈、NPOが取りもつ

社会

掲載号:2017年12月23日号

  • LINE
  • hatena
寄贈する車両の前に集まる関係者(右端に岩井理事長)
寄贈する車両の前に集まる関係者(右端に岩井理事長)

 南足柄市は10日、消防団が使用してきた消防自動車の更新に合わせ、更新車両をウガンダ共和国に寄贈した。特命全権大使ベティ・グレース・アケチオクロ氏を招き、市役所正面玄関前市民広場で贈呈式を開いた。

 市内を拠点に国際貢献活動に取り組むNPO法人子供のための国際音楽交流協会(岩井光祐理事長、略称AIMEC)が寄贈を仲介した。同NPOは「平和の輸出」を理念に掲げ、日本国内で収集した楽器を海外の子どもたちに寄贈して相互交流を促進し、国際平和に寄与することを目的に活動している。8年間の活動を経て今年7月に法人化したことを記念してNPOが企画した。

 かねてからこの活動理念に賛同してきた市はNPOの打診を受け、役割を終えた消防自動車をウガンダに寄贈することを決めた。寄贈する車両は消防団第4分団で使われていたもので、更新により廃車となる予定だった。

 車両はNPOがケニアまでの船便で約50日間かけて輸送する。現地の港でウガンダの警察が引き取り約千キロ離れた内陸のウガンダまで陸送される。3月4日に現地でも寄贈式が行われ、AIMECから岩井理事長らが出席する。

 贈呈式で加藤市長は「南足柄市で大切に使用してきた消防自動車がウガンダの皆様の安全と安心に貢献し両国の友好の一助になるといい」と述べ、アケチオクロ大使は「これまで日本からいくつもの寄附を受けたがウガンダまで輸送することが困難なこともあった。今後も南足柄市とさまざまな分野で交流していきたい」とあいさつした。

 岩井理事長は「3月の寄贈式には楽器もあわせて贈ることにしています。今後も各国との民間交流を続けていきたい」としている。

足柄版のトップニュース最新6

JFA認可の人工芝に

南足柄市体育センター

JFA認可の人工芝に スポーツ

野外照明LED化も

4月10日号

5月から映像配信開始

開成町議会

5月から映像配信開始 社会

インターネットで視聴可

4月10日号

北小、統合の方針固まる

南足柄市

北小、統合の方針固まる 教育

保育・幼稚園も減数に

4月3日号

瑠璃色の「お花畑」に

松田町コキアの里

瑠璃色の「お花畑」に 社会

ネモフィラ8千株咲く

4月3日号

地元情報サイト立ち上げ

あしがらLB協議会

地元情報サイト立ち上げ 社会

モデルコース等で誘客へ

3月27日号

開通は4月28日に

南箱道路

開通は4月28日に 社会

観光振興など期待

3月27日号

あっとほーむデスク

  • 4月10日0:00更新

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク