足柄版 掲載号:2018年6月2日号
  • googleplus
  • LINE

南足柄市文化会館 スタインウェイで魅了 貸切の大ホールで最上級ピアノ試し弾き

文化

大ホールで試し弾きする68歳の男性=南足柄市文化会館大ホール
大ホールで試し弾きする68歳の男性=南足柄市文化会館大ホール

 アメリカ・ニューヨークの名門ピアノブランド「スタインウェイ」の最上級モデルを1時間、大ホールで自由に奏でる催しが、5月25日から27日の3日間、南足柄市文化会館大ホールで行われ30組が参加した。指定管理者のアクティオ(株)(東京都目黒区)が初めて企画した。

 1人1枠60分で2千円、その価値はプライスレス―。3日間で30組を集めるこの企画には、4月19日の受付開始直後から予約が殺到し、5月を待たず満員となった。

 試し弾きできるピアノはスタインウェイの最上級モデル「D―274」で、南足柄市が文化会館の開館に合わせて1992年に1254万円で購入した。14年にリニューアルした音響・照明設備と相まって、演者や観客などから高評価を得ている。

 そんなピアノも、発表会やコンサートでの出番がなければ、長い1日を暗い舞台のピアノ庫でひっそりと過ごすだけ。「それではもったいない。個人では得難い環境を少しでも多くの人に体験してもらえないか」と、アクティオの職員が2年ほど前から企画を温めていた。

「手が震えた」

 南足柄市壗下に住む会社員の男性(64)は、ピアノの手ほどきを受ける同僚と利用を申し込んだ。開始5分前に舞台袖にやってきた男性は「習い始めたばかり」と緊張気味に演奏を始め一音一音を確かめるように鍵盤に指をあてていた。体験を終えた男性は「初めは手が震えた。自宅のピアノとは全く違った。素晴らしい経験になった」と笑顔でホールを後にした。

 小田原市の浅岡忍さん(33)は2人の姉の前で10曲を披露した。観客席の最前列でかたずをのみ見守った姉は「音の響きが素晴らしく聴き入ってしまった」とため息をついた。忍さんは「なかなかできない経験。手が震えたけど楽しく弾けた。次回もあるなら必ず申し込みたい」と話した。

 「7万円と4千万円のピアノを弾き比べる番組をユーチューブで観て実際に確かめてみたかった」と申し込んだのは塚原に住む元会社員の男性(68)。定年後に音楽教室に通い始め、ペダルの操作を学ぶため講師から勧められて練習しているベートーヴェンの『月光』を奏で続け、「ペダルと鍵盤で弦をコントロールする感覚が指先から伝わってきた」と企画を絶賛した。ホールの公演にも変化を感じていて「本物の芸術に触れる機会が増えた。南足柄市民で良かった」とも話していた。

 ほかにも音大を目指す中学生や小学生の家族、中高年の親子などもいた。「素敵な時間だった」と話す職員の表情も晴れ晴れとしていた。次回の開催は未定という。
 

ピアノの音だけが響く貸切の大ホール
ピアノの音だけが響く貸切の大ホール

足柄版のトップニュース最新6件

一般質問で論戦

南足柄市道の駅建設

一般質問で論戦

6月16日号

山地酪農の夢かなう

薫る野牧場島崎薫さん

山地酪農の夢かなう

6月16日号

梅雨の彩り

足柄平野

梅雨の彩り

6月9日号

着工予算を再提案

南足柄市道の駅整備

着工予算を再提案

6月9日号

民間譲渡で再生へ

中川温泉丹沢荘

民間譲渡で再生へ

6月2日号

今すぐ働き手対策を

タウンレポート2045年 県西地域

今すぐ働き手対策を

5月26日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月16日号

お問い合わせ

外部リンク