足柄版 掲載号:2019年1月5日号
  • LINE
  • hatena

福澤神社「文命幟(のぼり)」 江戸中期の麻と判明 文命堤完成時、幕府が下賜

文化

文命幟を手にする山口さんと研究家の大脇良夫さん=南足柄市怒田・福澤神社
文命幟を手にする山口さんと研究家の大脇良夫さん=南足柄市怒田・福澤神社

 南足柄市怒田の福澤神社で2009年に発見された幟が、江戸中期の麻でできていることが専門機関の調査で分かった。

 福澤神社は、江戸幕府八代将軍徳川吉宗の命を受けた田中丘隅が築堤し、酒匂川左岸の岩流瀬土手と右岸の大口土手を修復した「文命堤」を守る目的で創建された。

 当時の酒匂川は1707年の富士山噴火に端を発する大洪水に度々見舞われ、特に右岸流域が大きな被害を受けた。

 防災意識高揚のため中国に伝わる治水神「禹(う)」の祠を田中丘隅が勧進し旧暦4月1日(5月5日)に祭礼を行うよう地元の村々に命じた。その際に幕府が幟を下賜したことが1779年の小田原藩古文書に記されている。

 当時のものとみられる幟が2009年に千津島で見つかり神社へ寄贈されたが、神社総代会(山口御冨美男総代代表)が昨年11月、禹王研究家の大脇良夫さん(77)=開成町の勧めなどを受け、幟の年代調査を山形大学に依頼。含有炭素量から、1641年から70年頃に収穫された麻である可能性が高いことが分かった。

 禹王研究家の大脇さんは「鑑定結果に興奮している。10年前に土中から発掘された文命宮の祠に次ぐ発見」と話し、総総代の山口さんは「神社の歴史がひとつずつ紐解かれていくことが誇らしい。今年5月の祭礼に向けて神社の歴史をPRしたい」と話している。

 幟は幅60センチ、長さ160センチ。麻布を藍で染め木版画と見られる楷書で「文命」と書かれている。
 

足柄版のトップニュース最新6件

懸垂幕で歓迎ムード

開成町

懸垂幕で歓迎ムード

1月19日号

郷土の「いだてん」今も

タウンレポート

郷土の「いだてん」今も

1月19日号

二十歳の門出祝う

平成最後成人式

二十歳の門出祝う

1月12日号

新人3氏が同時表明

統一地方選南足柄市議選

新人3氏が同時表明

1月12日号

小水力の実験開始

南足柄市市民団体

小水力の実験開始

1月5日号

新世代を生きる子どもたちへ

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月19日0:00更新

  • 1月12日0:00更新

  • 1月5日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一周駅伝は73回目

一周駅伝は73回目

1月27日 足上合庁発着で

1月27日~1月27日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク