足柄版 掲載号:2019年3月30日号 エリアトップへ

南足柄100人カイギの運営事務局を務める 井出 卓郎さん 南足柄市広町在住 34歳

掲載号:2019年3月30日号

  • LINE
  • hatena

「南足柄が好きでたまらない」

 ○…3月10日に第1回目が開催された「南足柄100人カイギ」。まちで活動する5人がスピーカーとなり、人と人をつなぐ有意義な時間を参加者40人が共有した。事務局の1人として運営に携わり「立ち上げから実施まであっという間でした。100人になるまで頑張ります」と目を輝かせる。

 ○…東京生まれの東京育ち。富士フイルム(株)に勤め、6年前に南足柄に転居してきた。当初は地域に特別の関心はなかったが、3人の子どもの親として「この場所は子どもたちの故郷になる。もっと地域を知りより良くしたい」と考えるように。初めて市の広報誌を手に取ると、小田原市との合併が不調に終わったことなどを知り「こんなことがあったのか」と、地域に引き込まれていった。

 ○…その思いはとどまることを知らず、昨年は市の公共施設を考えるワークショップや総合計画への市民意向を反映する未来会議に応募。そこで一緒になったメンバーとの交流から、100人カイギの主催者でもある南足柄みらい創りカレッジを知り、当時は構想段階だったカイギの体験報告を見て主催者にコンタクトした。「地元を思う人がこんなにいるんだ。みんなこのまちが好きなんだ」そう思いながら、地域の活動にのめりこんだ。と同時に「南足柄がどんどん好きになった」

 ○…事務局は4人。「他の地元で活躍する3人とは異色、ということで初回のスピーカーを務めました」と話し、当日は運営の一員となった経緯や想いなどを話した。次回は4月7日に開催予定。「チラシ制作等のSNS広報、スピーカー候補の選定、調整が役目。仕事経験が役に立っていますかね」と微笑む。今年は天狗のこみちマラソンにも挑戦する。「仕事も地域もプライベートも充実させたい」と意気込む。

足柄版の人物風土記最新6

塚本 直樹さん

開成町100人カイギの事務局を務める

塚本 直樹さん

開成町みなみ在住 39歳

11月16日号

石井 哲雄さん

内閣府エイジレス・ライフを受章した

石井 哲雄さん

開成町吉田島在住 74歳

11月9日号

中川 綾(りょう)さん

東海大学湘南キャンパスで行われる「建学祭」の実行委員長を務める

中川 綾(りょう)さん

大井町金手在住 21歳

11月2日号

安藤 和幸さん

内閣府から社会参加章を受章した「シニアネットワークおだわら&あしがら」で代表理事を務める

安藤 和幸さん

小田原市城山在住 69歳

10月26日号

武藤 輝夫さん

開成弥一芋研究会会長の

武藤 輝夫さん

開成町金井島在住 79歳

10月19日号

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク