足柄版 掲載号:2019年4月20日号
  • LINE
  • hatena

廃トンネルで軟化ウド栽培 山北町シルバー人材センター

経済

20年間放置されていた中川の廃トンネル
20年間放置されていた中川の廃トンネル

 (一社)山北町シルバー人材センター(石川治夫理事長)が、廃トンネルを利用した軟化ウドの栽培を始めた。みかん、お茶に続く特産品にしようと自主事業として行っているもので、4月20日(土)から「丹沢ウド」と名付けて道の駅山北で販売を開始する。

20日から道の駅山北で販売

 軟化ウドは地上で育てた株を、光を遮った状態で白く細く育てたウド。新道の開通により20年間放置されてきた中川の箒沢隧道を育成の地に選んだ。トンネルは幅4m、長さ73mで、箒杉側から入って10m地点で栽培を行っている。周囲を発泡スチロールで覆い、剪定チップの発酵熱を利用して適温栽培を実現した。

 昨年12月には東京都農林総合研究センターに赴き、栽培のノウハウを学んだ。石川理事長は「失敗して壁にぶつかればいい。チャレンジ精神で進めていきたい」と話していたが、このほど商品として道の駅山北での販売が決定。ここまでは順調に進んできている。

 同センターは一昨年、担い手不足で栽培面積が減少している足柄茶の農家を支援し、高齢者を中心とした就業機会を町内に作り出す取り組みを始めた。シルバー人材センターは、定年後でも軽作業などを通じて働くことで健康的に過ごしてもらおうと誕生し、そのほとんどが受託事業だが、山北町は自主事業として様ざまな事柄に積極的に取り組む姿勢をみせている。
 

暗闇の中で順調に育つウド
暗闇の中で順調に育つウド
商品化を見越してパッケージ化されたウド
商品化を見越してパッケージ化されたウド

足柄版のトップニュース最新6件

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ソフトボール体験会

小学生向け

ソフトボール体験会

6月2日 東富水小学校

6月2日~6月2日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク