足柄版 掲載号:2019年8月31日号 エリアトップへ

南足柄市 公共施設大幅に再編 南中エリアは小中一貫校

経済

掲載号:2019年8月31日号

  • LINE
  • hatena

 南足柄市は、人口減少や高齢化社会の影響による公共施設の再編計画案を公表し、小中学校の閉校、統合を含む小中一貫校を新設するなど大幅な再編計画であることがわかった。計画は第1期(2020〜2031年)をスタートに第3期(2055年終了)まで長期にわたり検討され、今回は第1期分の内容が明らかになった。

 今回発表された計画案の主な項目は別表の通り。衝撃的な内容となったのが小中学校についてだ。

 多くの施設が築30年を超え、施設本体をはじめ付帯設備の老化が進行している。児童・生徒数は1980年代の6817人をピークに、2018年には3242人とほぼ半減。2045年には2096人まで減ると推計されている。余裕教室が発生し、今後も増えることが予想される。

 人口ピーク時に新設された岩原小学校、向田小学校、足柄台中学校はその役目を終え、伝統の福沢小学校、北足柄小学校も姿を消す。おおまかに中学校エリアでいえば、昭和中期の「南中」「岡中」時代への回帰に近い形に戻るが、「南中」エリアは小中一貫校の新設となり、南足柄小学校、南足柄中学校も閉校となる。「岡中」エリアは岡本小学校と岡本中学校が、向田小、足柄台中の一部エリアを昭和中期に戻して統合校として存続する。ただし第2期には小中一貫校への移行が検討される。

 南足柄市の小中学校は全校が給食を自校式で行っており、今後もその体制を維持していく構えだ。

162億円の効果額

 公共施設の再編により長期保全費用が139億円削減でき、運営費も85億円の削減に。除却費用5千万円と新規整備費61億円を加えると162・5億円の効果額が見込まれるという。

足柄版のトップニュース最新6

虫沢古道を守る会が10年

虫沢古道を守る会が10年 文化

地元の古道復活に尽力

11月23日号

安全運転管理者会が50周年

安全運転管理者会が50周年 経済

18日に記念式典

11月23日号

大阪桐蔭高が5年連続公演

大阪桐蔭高が5年連続公演 文化

南足柄コンサートが定着化

11月16日号

ミャンマーから実習生

ミャンマーから実習生 社会

「草の家」と「和らぎ」

11月16日号

小玉佳吾選手が全国へ

100人カイギ 行政と連携

市川咲希さん 文科大臣賞

市川咲希さん 文科大臣賞 文化

伊勢神宮奉納書道展 高校生の部

11月2日号

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク