足柄版 掲載号:2020年10月3日号 エリアトップへ

松田町 高齢者宅に「ロボ」貸与 ビデオ通話や安否確認も

社会

掲載号:2020年10月3日号

  • LINE
  • hatena
ロボットを手にする町職員
ロボットを手にする町職員

 松田町はこのほど一人暮らしの高齢者宅等限定で、見守りや会話機能を搭載したコミュニケーションロボットの無償貸与を始めた。「高齢者見守り事業」の一環で、人との接触機会が減る中、高齢者と遠方に住む家族のつながりの場を設け、コミュニケーション拡大を図るのが狙い。期間は来年3月31日まで。

 高齢者向けのツールとして、町では34台を用意した。いずれもリース品で、レンタル費用には国が各市町村に交付する「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を充てる。

 株式会社MJI(東京都)が企画・販売するロボットで、大きさは縦24・5cm、横21cm。目の部分がタッチパネル式になっていて、呼び掛けると返事をする機能等を備える。その日の天気を教えてくれたり、音楽を流してくれたりもするという。提供される情報はインターネットを経由し随時更新される仕組みだ。

 スマートフォンに専用アプリを入れることで、ロボットを通じて「ビデオ通話」が可能になるほか、ロボットの利用履歴から生活の状況や、内蔵カメラを用いて家庭内の様子を確認することもできる。町福祉課の担当者は「安否確認など、ご家族の方も気軽に利用できておすすめ」とする。

 松田町に住む65歳以上の高齢者世帯が対象。希望者は申請用紙を町福祉課で受け取るか、町ホームページからダウンロードして同課に提出する。先着順。審査に通り次第、順次貸与される。インターネット環境がない家にはWi-Fi機器もつける。担当者は「個人で用意するには手間も費用も掛かる。この機会を利用し、ご家族との交流を深めてもらえたら」と話している。

 問い合わせは町福祉課【電話】0465・83・1226へ。

足柄版のトップニュース最新6

大雄山駅前に新名所

大雄山駅前に新名所 社会

コロナ下の多様な働き応援

10月16日号

稲荷社の修復完了

大井町三嶋神社

稲荷社の修復完了 文化

工法は石場建て採用

10月16日号

最優秀賞に三谷さん

ORANGECUP2021

最優秀賞に三谷さん 教育

運動後押しのゲーム機考案

10月9日号

入札不調で開設に遅れ

開成町新学童保育所

入札不調で開設に遅れ 教育

22年4月断念、7月目指す

10月9日号

北足柄小の閉校前倒し

北足柄小の閉校前倒し 教育

2022年4月統合で決まる

10月2日号

足柄台中で特別授業

富士フイルム株式会社

足柄台中で特別授業 教育

除菌製品開発者が講師に

10月2日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook