足柄版 掲載号:2021年1月9日号 エリアトップへ

森田世宝さん(立花学園高3年) 「実富士(みのるふじ)」として角界へ 1月場所でデビュー

社会

掲載号:2021年1月9日号

  • LINE
  • hatena

 明日1月10日(日)から両国国技館で始まる大相撲1月場所。立花学園高校の森田世宝さん(3年)が、実富士(伊勢ヶ濱部屋)として角界にデビューする。

   (1月6日起稿)

 * * * * * 

 小学5年生から柔道一筋だった森田さん。同校でも柔道部に所属し、2年時にはレギュラーを掴んで関東大会出場を果たすなど、主力として活躍してきた。中島慎二監督が「受けが強い」と評すように、足腰の粘りが持ち味だ。

 「体幹がしっかりしていて、身体が柔らかい」。2年時の秋、縁あって稽古見学に来ていた伊勢ヶ濱親方の目に留まり「相撲、やってみないか」と声が掛かった。より身体の大きな部員もいる中で「驚いたけれど、嬉しかった」と振り返る。しかし、相撲は全くの未経験。初めて部屋を訪れた時も、ただ圧倒されるだけで、そこに飛び込む勇気も覚悟も持てなかったという。

 高校最終年はコロナ禍で柔道の大会も軒並み中止で、不完全燃焼な思いと迷いを抱えた夏だった。管理栄養士、警察官…、おぼろげながら目指している夢もあった。学業に励むか、大学で柔道を続けるか、相撲への転向か―。再度部屋へ出向き、初めてまわしをつけた時も、気持ちは揺れ続けていた。

 悩み抜くこと1カ月、自ら一つの答えを出した。「スカウトされた理由はきっとある。まずは大学と同じ4年間思いきりやってみよう」。偽らざる思いを親方へ伝えると「厳しい世界で、芽が出るかはわからない。だが自分次第で道を拓くこともできる」と受け入れてくれたという。

 母子家庭5人きょうだいの長男である自身にとって、実力が全ての世界に広がる無限の可能性も魅力に映った。「親の大変な姿も見てきたから、楽をさせて恩返しができるかも」。そう語る目はじんわり潤む。

敗北を力に「実」へ一歩

 番付を決める前相撲は四番とって全敗。柔道で鍛えた100kgの身体は簡単に土俵下へと転げ落とされた。角界における自分の現在地を突き付けられ、部屋に戻ると悔しさと恥ずかしさで大泣きした。だが兄弟子、親方からの「負けて悔しいと思えるのが第一歩」という言葉に、前を向いた森田さん。最後の取り組みでは「まずは当たろう」と立ち合いから踏み込み、少しの手ごたえもつかんだ。

 親方からは「実践・誠実・奉仕」という同校の校訓から一字をとった”実富士”の四股名をもらった。「柔道でも徐々に技を身に付けてきた。まわしをしっかり取って技を出せるような力士になりたい」。1月場所は西序ノ口二十八枚目、下から数えて2番目が相撲道のスタートライン。志を実らせるための挑戦が始まる―。
 

足柄版のトップニュース最新6

「乗り合いタクシー」 実証へ

南足柄市

「乗り合いタクシー」 実証へ 社会

福沢地区からスタート

1月23日号

春めきの香り楽しんで

春めきの香り楽しんで 社会

シャンプーなどで商品化

1月23日号

地酒PRもオンライン

地酒PRもオンライン 社会

コロナ禍における初企画

1月16日号

企業マッチングで新商品

さがみ信金

企業マッチングで新商品 社会

開発から販路開拓を支援

1月16日号

花魁の登場に沸く

あしがら博覧会

花魁の登場に沸く 文化

イベント一環で練り歩き

1月9日号

「実富士(みのるふじ)」として角界へ

森田世宝さん(立花学園高3年)

「実富士(みのるふじ)」として角界へ 社会

1月場所でデビュー

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク