神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年4月13日 エリアトップへ

松田町 「のるーと足柄」利用1万人 運行開始から半年

社会

公開:2024年4月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
のるーと足柄の車両。8人乗りで6時〜22時運行
のるーと足柄の車両。8人乗りで6時〜22時運行

 2023年10月に実証運行をスタートした、松田町を中心としたAIオンデマンド交通「のるーと足柄」の延べ利用者数が、3月20日で1万人となった。

 「のるーと足柄」は、事前予約制の乗り合い交通。決まったダイヤやルートはなく、予約状況をAIが計算して最適なルートで運行する。

 近年、地方都市の路線バスは少子高齢化の影響で利用者が減少。運転手不足といった課題も重なり、事業者が従来の本数を維持することが困難になっている。本数が減ると、時間の合わない利用者の移動はマイカー頼みとなり、さらにバス利用者が減るという循環が起きている。

 これは松田町も同じで、既存の公共交通サービスが行き渡らない時間帯を補完する交通の在り方について検討が進められていた。こうした中、持続可能な地域公共交通の構築を目指して始まったのが「のるーと足柄」だ。23年10月から26年9月まで3年間を実証実験とし、本格運行に向けた検証を進めている。

 運営主体の一般社団法人足柄オンデマンドは、利用登録から予約の流れをサポートする説明会や体験会を継続的に開いて認知に努めている。節目の利用者達成を町の担当者は「利用者数や登録者数は堅調に推移している」と話す。

 本山博幸町長は「皆さまにご利用いただくことが、持続的な運行につながっていきますので、より多くの方にご利用くださいますよう、よろしくお願いいたします」と話している。

 問い合わせは足柄オンデマンド【電話】0120・616・101。

足柄版のトップニュース最新6

中学生の学習サポート

大井町在住水野修身さん

中学生の学習サポート

教諭経験、町制度で生かす

5月18日

絵は南足柄・山田さん

大谷翔平ものがたり

絵は南足柄・山田さん

図書館では特集展示中

5月18日

再エネ電力使い脱炭素化

南足柄市清掃工場

再エネ電力使い脱炭素化

CO2削減効果は年624t

5月11日

新体育施設 来年3月完成

山北町

新体育施設 来年3月完成

武道と集いの空間に

5月11日

英語スキル向上を後押し

開成町

英語スキル向上を後押し

全町民に検定受験料補助

5月4日

大井の「コンシェル」に

お笑い芸人スベリィさん

大井の「コンシェル」に

移住定住促進を担当

5月4日

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook