神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年6月1日 エリアトップへ

開成駅前 警察官、週5日体制へ 駅利用者、人口増に対応

社会

公開:2024年6月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
連絡所前で開成駅西口ロータリーを見守る警察官
連絡所前で開成駅西口ロータリーを見守る警察官

 小田急線開成駅西口にある松田警察署駅前連絡所は5月から、月曜日から金曜日の午後4時から6時の2時間、警察官が2人体制になっている。これまでの週1日から、開成町が駅前の警備体制強化を要望して実現したもの。

 開成駅前連絡所は1997年1月に設置された。当初は地域の見守り隊などの防犯ボランティアの活動拠点として使われてきたが、町からの要請を受け、2011年からは警察官OBらで構成する「相談員」が、平日の午前9時から午後3時45分まで連絡所に常駐している。

 町は人口や開成駅の乗降客が増えていることなどを踏まえ、松田署に対し、同駅前の更なる警備強化を要望。これを受け、松田署は21年10月から、月曜日の午後5時から6時の1時間、同連絡所に警察官を配備していた。そして今年5月からは、月曜日から金曜日(祝日除く)の午後4時から6時までの2時間、警察官2人を常時配備するように警備体制が拡充された。

 これにより、平日の午前9時から午後6時の時間帯の大半は相談員と警察官のいずれかが常駐していることとなる。

町長「要望続ける」

 松田警察署の橘将美地域課長は今回の拡充について「適正かつ効果的な交番運用を考える中で、今回の体制とさせていただいた。地域住民の安全と安心を高めていきたい」と説明。山神裕町長は「松田警察署には、開成町民の安全・安心への理解と協力をいただき感謝申し上げる。また、ボランティアの協力や職員の努力にも感謝と労いの意を表したい。町としては、一層の安全・安心を確保していくため、開成駅前への交番設置に向けた要望活動を継続していきたい」と話している。

足柄版のトップニュース最新6

自転車も安全意識高めて

開成町

自転車も安全意識高めて

小学生に運転免許交付

7月20日

物流2024年問題を調査

神奈川県トラック協会

物流2024年問題を調査

 働き方改革関連法うけ

7月20日

夕日の滝に新トイレ完成

夕日の滝に新トイレ完成

高齢者らも使いやすく

7月13日

夏山は計画的な登山を

夏山は計画的な登山を

山岳救助隊が注意喚起

7月13日

県が有毒植物に注意喚起

県が有毒植物に注意喚起

果実食べ、男性食中毒に

7月6日

山北に蒸留所がオープン

山北に蒸留所がオープン

年10万本ウイスキー製造

7月6日

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202307/56345.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook