秦野版 掲載号:2012年1月28日号

はだのっ子 いま・みらい 教育寄稿第39回

暗示は勇気と意欲を増進する

内藤 美彦

 「釘抜きで舌抜く閻魔の恐ろしく嘘言えぬ子になりにけるかも」というある著名な人の歌があります。幼い頃「嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれるぞ」と言われたことが、いつも頭の隅にあって嘘を言えなかったという述懐です。「誰も見ていないと思っても、悪い事をするとお天道様が見ていて、必ず罰があたるよ」と教えられて、悪い事をしようとした時、それを思い出してしなかったという人もいます。

 こういったことを、大人が子供によく言ったものです。今の子供は、ほとんど聞いていないと思います。言う方が、あまりに非科学的なので抵抗を感じたのでしょう。でも、子供にとっては、悪さへの抑止力としての働きがあるのです。

 医師が、薬理効果のない乳糖や澱粉を「この薬は新発見されたもので、値段も高いがよく効く薬だ」と言って投与すると、実際に症状が和らいだり、治ったりします。これをプラシーボ(偽薬)効果と呼ぶのだそうです。実験の結果、3分1は効果があると言われています。民間療法や健康食品の効き目も、この効果による可能性があるようです。

 このように、思い込むということは、意外な力を発揮いたします。運動選手は試合に臨む際、勝つために「髭をそらない」といったような「験(ゲン)をかつぐ」ことが多いようです。

 メルボルン五輪の2百m平泳ぎで、世界新記録で優勝した田口信教選手の言葉を覚えています。「練習もやるだけやり、技術にも自信はある。金メダルを取るには、あとは神の心次第だ。神に嫌われない生活をしようと心掛けた。そのために、精神的に安定した状態でスタートできた」と。

 暗示をかけるということが、いかに効果をもたらすかという例です。占いに興味を持つ人が多いですが、自分に都合の良い所だけを信じれば、生活を楽しくします。黒柳徹子は、失敗や悪さをした時「君は、本当はいい子なんだよ」と校長に言われたそうです(「窓ぎわのトットちゃん」)。

 よき暗示は、人としての道を誤らせず、勇気を与え、目標達成に効果があります。冒頭の言い伝えも、暗示の一種でしょう。これらや諺、格言を掘り起こして使うことは生活を潤します。特に、幼児期の暗示は必要です。
 

関連記事powered by weblio


秦野版のコラム最新6件

鵜の目鷹の目

vol.40

鵜の目鷹の目

12月24日号

鵜の目鷹の目

vol.39

鵜の目鷹の目

12月17日号

鵜の目鷹の目

vol.38

鵜の目鷹の目

12月10日号

鵜の目鷹の目

vol.37

鵜の目鷹の目

12月3日号

幡鎌芳明元市議没後1年に想う

鵜の目鷹の目

vol.36

鵜の目鷹の目

11月12日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク