秦野版 掲載号:2012年11月15日号
  • googleplus
  • LINE

自家産の豚肉寄贈 種豚場経営 門倉敏夫さん

社会

豚肉を手渡す門倉さん(左)
豚肉を手渡す門倉さん(左)

 鶴巻で(有)門倉種豚場を経営する門倉敏夫さんが11月6日、自家産の豚精肉約80kgを、市と市内4つの介護老人福祉施設に贈った。

 門倉さんは、新鮮で安全な自家産豚肉の紹介と地域福祉への貢献のためとして、豚肉の寄贈を1996年度から毎年実施している。

 この日、市役所で古谷義幸市長に豚肉を手渡しながら門倉さんは、「毎年、施設の利用者には喜んでもらえる。豚肉はビタミンB1が豊富なので、肉をたくさん食べて風邪をひかないようにしてもらいたい」などと話した。

 今年豚肉を寄贈した施設は湖、はだの松寿苑、田原の里、湘南老人ホーム。
 

秦野版のローカルニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク