秦野版 掲載号:2012年12月6日号
  • googleplus
  • LINE

「いいお店」に一の屋 県優良小売店舗として表彰

秋山社長と「一の屋」店内
秋山社長と「一の屋」店内

 「あなたのまちの、いいお店。」2012年度神奈川県優良小売店舗表彰の表彰式が県庁本庁舎で11月27日に行われ、市内からは「一の屋(尾尻932の1)」が選ばれた。

 この表彰は、県と(社)神奈川県商工会議所連合会および神奈川県商興会連合会が共催して、1976年から実施されており今年で37回目。

 県内の中小小売業および飲食店を営む店舗の中から、「真心尽くしたサービスと味や技が自慢の店舗」を優良小売店舗として表彰している。今年度は35店舗が表彰された。

 一の屋は、1873年(明治6年)創業の老舗飲食店。

2004年に本町四ツ角近くから、現在の秦野駅南口前へ店舗を移転した。同時に、店名をそれまでの「一の家」から「一の屋」へと改めた。

 秋山純夫社長は「一の屋という屋号は、実は創業当時に使われていたもの。メニューも店構えも一新しての再スタートということで、創業者のつもりで頑張ろうという思いだった」と、当時を振り返る。

 提供している料理は「Japan Modern Dining」をテーマに、和食を中心としてフレンチ、エスニック、イタリアンなどをアレンジ。若者から年配者まで幅広い世代の嗜好にも合う、新しい日本料理をイメージしたメニューを揃えている。

 店舗は1階にカウンター、テーブル、掘りごたつタイプなど計58席。2階には100人以上を収容できる宴会場を備え、この時期は忘年会の利用客で連日にぎわう。

 秋山社長は受賞について「社員、スタッフ全員の仕事を評価していただいたと思うと非常に嬉しい。ご愛顧いただいている秦野の皆様に感謝を申し上げるとともに、引き続き愛される店作りを目指して努力したい」と話した。
 

店舗外観
店舗外観

秦野版のトップニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク