秦野版 掲載号:2013年7月27日号
  • googleplus
  • LINE

秦野市内の農業後継者グループ「秦友会(しんゆうかい)」の会長を務める 原 秀徳さん 今泉在住 32歳

爽やかな風の如き自然体

 ○…昨年に引き続き秦友会が作成した「デントコーン迷路」を前に、「今年もたくさんの子どもたちに来て欲しい。そのために一生懸命作りました」と満足そうな笑顔を見せる。

 ○…乳牛を60頭飼う酪農家を継ぐ。デントコーンの迷路は収穫後は牛の飼料となるそうで「迷路をきっかけに参加者に酪農を知って欲しい」と身を乗り出す。自身の生業の酪農については「やっぱり生き物だから世話が欠かせない。なかなか休みはとれないね」と話すが、牛舎の衛生管理や牛の体調管理には気を配り、おいしい牛乳を出荷することにこだわる。「夏は牛も苦手だよ」と気遣い、毎朝6時に起きて牛舎に足を運ぶ。

 ○…子どもの頃から牛の世話をする父親の後姿を見て育った。「いつのころからかも覚えていないけど、いつの間にか家業を継ぐんだと意識したんだ」とゆっくりした口調で話す。父親と働く前には酪農を学ぶため北海道の酪農家へ”修行”に出た経験も。「確かにこの辺の酪農とはやり方は違ったけれど、何しろ一からだったから、いろいろ勉強になった」と振り返る。現在は父親と二人三脚で家業を支える。

 ○…現在は実家で両親と暮らす。体を動かすのは得意で、中学高校にかけてはソフトテニス部に所属し、汗を流した。今ではたまに仲間とフットサルを楽しんだりゴルフに出かけたりすることもあるとか。「ラウンドする前くらいしか練習しないけど」と言いつつスコアは100を切る。

 ○…東田原に広がる大きな迷路はもちろん自身でも挑戦してみた。「やりがいがあるように仕上がった。かなり楽しめると思います」と胸を張る。市民と直接触れ合う今回の迷路のような取り組みを大切にする。「来られた方に気持ち良く楽しんでもらえるように草取りなど管理をしていきたい」と話す、どこまでも自然体のさわやかな笑顔が印象に残った。
 

秦野版の人物風土記最新6件

高橋 昌和さん

秦野市長に就任した

高橋 昌和さん

2月16日号

山口 晴美さん

創立50周年を迎えた「秦野市青少年指導員連絡協議会」の会長を務める

山口 晴美さん

2月9日号

安藤 幸一さん

柳町商店会の会長を務める

安藤 幸一さん

2月2日号

伊藤 隆弘さん

ASIAGAPを取得した「秦野いとう農園」のオーナーを務める

伊藤 隆弘さん

1月26日号

栗原 正行さん

南地区を中心に様々なまちづくり活動に取り組み続ける

栗原 正行さん

1月19日号

郭 根男(かく くんなむ)さん

日本と韓国の架け橋として通訳などで活躍する

郭 根男(かく くんなむ)さん

1月12日号

東光苑

あったか土鍋フェア2月28日まで・春の美酒佳肴3月1日から4月30日

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

明治後期の商い紹介

明治後期の商い紹介

『秦野名鑑』基に写真や看板など展示

2月6日~3月25日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク