秦野版 掲載号:2013年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

第27回丹沢音楽祭の合唱指導を務める 藤丸(ふじまる)崇浩(たかひろ)さん 東京都在住 40歳

導き、惹きつける力

 ○…今年は秦野市合唱連盟創立30周年、さらに自身はデビュー15周年の記念の年だ。丹沢音楽祭は第23回、25回でも合唱団に指導しており、12月22日開催の27回で3度目となる。男性が増えたため、よりしっかりとしたハーモニーを生み出せると、今年の特徴を話した。「これまでの団員らも新顔も、みんな私のいやみについてきてくれる」と、冗談を交えながら団員らを導いていく。

 ○…日本大学法学部を経てサラリーマン時代を過ごした音楽業界では珍しい経歴だ。幼少期から合唱団に所属。地域や学校の音楽祭などでは指揮者を務めたこともあったが「1番下手だったからじゃないかな」と笑う。大学でも合唱サークルに入り、野球などの試合ではスタンドで校歌を合唱していたという。「応援団の方が力強いし戦力になったのか」と言うものの、その表情は懐かしそうだ。20歳の頃から個人レッスンにも通い、仕事の傍らオペラデビューを果たす。「やはり音楽を」という気持ちから、その後東京芸術大学声楽科テノール専攻に就学した。

 ○…故郷は長崎県佐世保市。小さい頃は祖父と父と3人で相撲観戦に親しんでおり、巡業が来た時も足を運んでいたと振り返る。今でも両国国技館などで観戦しているが、「地元の時と比べて東京はチケットを取るのが難しい」と困り顔。最近の注目株は遠藤関。今年初土俵を踏んだ若手力士であり、日本大学の後輩である遠藤関がやはり気になるようだ。とはいえご贔屓の力士が決まっているわけでなく、全体的に相撲を楽しんでいる。「一大勢力のような部屋があると盛り上がる」と、ファンとしての顔をのぞかせる。

 ○…「演奏家としてそれがライフワークになっている」。人生の中でできるようになりたいと思うこと、小さいことの積み重ねでここまできた。ユーモア溢れる話術が印象的だったが、「世の中に音楽を」という言葉は力強かった。
 

秦野版の人物風土記最新6件

鈴木 弓弦さん

秦野サブカルチャー祭実行委員会の委員長を務める

鈴木 弓弦さん

3月30日号

國松 基祥(もとよし)さん

3月30日文化会館で子どもたちのショーを開く「Link」の代表を務める

國松 基祥(もとよし)さん

3月23日号

清水 優譲(まさのり)さん

野外劇『実朝出帆』の主演・源実朝役を演じる

清水 優譲(まさのり)さん

3月16日号

八木さんの論文掲載

山口 金光さん

創立50周年を迎える秦野市ソフトボール協会の会長を務める

山口 金光さん

3月9日号

枝崎 恵治さん

秦野市を管轄する平塚税務署長を務める

枝崎 恵治さん

3月2日号

東光苑

春の牛肉祭り4月1日(日)から5月31日(木)。好評につきサラダブッフェ継続

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/hadano/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フラダンスの祭典、再び

フラダンスの祭典、再び

4月8日に第3回マウカホイケ

4月8日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク