秦野版 掲載号:2015年1月29日号
  • LINE
  • hatena

くずはの家ゆるキャラ 「もりりん」落ち葉アートに 来園者を出迎え

文化

落ち葉で制作した「もりりん」と高橋所長
落ち葉で制作した「もりりん」と高橋所長
 自然観察施設くずはの家(秦野市曽屋1137・高橋孝洋所長)のマスコットキャラクター「くずはの広場に住む森の妖精 もりりん」が、敷地内の様々な落ち葉や葉等を利用して制作され、入口横で来園者を出迎えている。

 昨秋の紅葉の仕組みを学ぶイベント内で、「市制60周年の記念になるものを」を高橋所長らが提案。講師を務めたえのきの会植物分科会のメンバーやくずはのスタッフ、参加者の他、制作のうわさを聞きつけたもりりんが駆けつけ、一枚ずつ落ち葉を丁寧に貼り付け制作した。

 頭部はレッドロビン、顔や胴体はコナラ、口はサザンカで作られたもりりん。「はだのし60周年」の文字も落ち葉で再現され、完成品はラップで保護され入口横に飾られている。

 同施設によると、60周年イヤーの2015年1年間は、手直しをしながら展示を続ける予定という。

 高橋所長は、「これから施設内の生き物は活発に活動を始めます。もりりんもふらっと遊びにくる時があるので、皆さんもぜひ自然を感じにきて下さい」と話している。

 問い合わせは、くずはの家【電話】0463・84・7874へ。

秦野版のローカルニュース最新6件

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

〜治癒を目指し専門医の治療を〜

C型肝炎は飲み薬だけで治す時代に

12月14日号

福を集めるミニ熊手が完成

逆走車に事故懸念の声

東海大駅前でツリー点灯

秦野ドリームスが優勝

コミタク乗車で特典

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親と子の音楽会

親と子の音楽会

12月23日 文化会館

12月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク